5月5日 は”こどもの日” なぜ柏餅や「ちまき」を食べる?


こどもの日は”5月5日”

1948年「国民の祝日法」により、毎年 5月5日 は「こどもの日」と制定されました。

スポンサーリンク



5月5日

こどもの日には「日本国民の子どもたちが健やかに育つことを願う」目的があり、邪気を払うために菖蒲やヨモギを軒に飾ったり、かしわ餅やちまきを食べたりします。

また「端午の節句」とも呼ばれています。

端午の節句

かつて「午(うま)」は5を表し、読み仮名としても「ご=5」に通じるとされています。

本来「端午」は月の始まりの5日目のことでしたが、ゾロ目になる5月5日のみ「端午の節句」と呼ばれるようになりました。

端午の節句は「男の子の成長を願う日」、上巳の節句(桃の節句)を「女の子の成長を願う日」とされていましたが、今日の「こどもの日」では「男女関係なく子供の成長を願う日」となっています。

【節句】
1月7日:人日の節句=七草の節句
3月3日:上巳の節句=桃の節句
5月5日:端午の節句=菖蒲の節句
7月7日:七夕
9月9日:重陽の節句=菊の節句

また、上巳の節句については3月3日「ひな祭り」をご覧ください。

 

男の子の成長を願う日となった由来

邪気払いのために菖蒲を飾りますが「菖蒲」と「勝負」、もしくは「尚武(武道を重んじる心)」と同音異義語だったため、カブトや甲冑を飾るようになったと言われています。

5月5日

武士にとってのカブトは体を守る象徴で、災いから身を守ってくれるよう願いを込められています。

なぜ、こいのぼり?

こどもの日では各地でこいのぼりが飾られていますが、鯉のぼりにはどういう意味があるのでしょうか?

こいのぼりは江戸時代から続く伝統で、徳川家に男児が生まれた場合、端午の節句に「のぼり」を立ててお祝いする風習がありました。

その後、武家にその習慣が伝播し、やがて一般庶民へ普及して現在に至ります。

5月5日

中国の故事では「流れの激しい滝を登れた鯉は、やがて龍となった」とされています。

鯉は生命力が強く、どのような環境でもたくましく育つため、その様子が出世を表すとして、子供の立身出世を願うために各地で鯉のぼりを飾るようになりました。

菖蒲湯とは?

邪気を祓うと言われている菖蒲は、古来の中国で厄除けに使われてきました。

スポンサーリンク



菖蒲湯に浸かることで、厄除けと健康祈願をします。

5月5日

少し高めに設定したお風呂の温度に、10本ほど束ねた菖蒲を入れるだけで菖蒲湯を楽しむことができます。

菖蒲の茎の部分に血行促進・保温効果があり、葉から香り成分が発せられます。

また、菖蒲に含まれる「アサロン」や「オイゲノール」と呼ばれる成分は、リウマチや神経痛、腰痛などにも効果的です。

しかし、菖蒲の精油にはアレルギー反応を示す方もいるため、肌トラブルがある方はお気を付けください。

こどもの日の食べ物

こどもの日に、「かしわ餅」と「ちまき」を食べるのには、それぞれ次のような意味が込められています。

かしわ餅

5月5日

かしわの葉には、子孫繁栄の意味が込められています。

その由来は、かしわの葉は生え変わりがしっかりしており、古い葉が落ちた後に新しい葉が生えてくるためです。

かしわ餅は日本独自の食べ物ですが、このような意味で食べられるようになりました。

ちまき

5月5日

2300年ほど昔、中国に屈原という優秀な政治家がいて、人々から慕われていました。

しかし、国の策略と陰謀により失脚させられ、屈原は5月5日に川へ投身自殺しました。

国民はとても悲しみ、屈原が飛び込んだとされる「汨羅(べきら)川」に食べ物を供えますが、龍に食べられてしまいます。

ある時、屈原の霊が「厄除けに、笹の葉で包み五色の糸で巻くと龍は食べない」と助言したことから、ちまきが完成しました。

更に、五色の糸(赤・黄・青・黒・白)は魔除けの効果があり、ちまきの独特な形は、龍に食べられないように毒ヘビをモチーフにしたとされています。

屈原の亡くなった5月5日と合わせて、こどもの日には、ちまきを食べられるようになりました。

5月5日

こどもの日は、先人たちの願いが込められて制定されたのですね。

健やかな成長と共に、未来へ受け継いで欲しい記念日です。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です