5月4日 は”みどりの日” 皇居にはゴルフ場があった


みどりの日は”5月4日”

2007年 5月4日 従来の「国民の休日」という便宜上の祝日は「みどりの日」に変更されました。

スポンサーリンク



5月4日

1989年から2006年までは4月29日がみどりの日でしたが、国民の祝日に関する法律を改める際に、生活に影響することが懸念されたことから、4月29日を「昭和の日」とし、5月4日をみどりの日へとスライドさせました。

みどりの日は、5月のゴールデンウィークを構成する中間の祝日で「みどり」を親しむ日とされています。

また、みどりの日と昭和の日が入れ替わった理由については、4月29日「昭和の日」をご覧下さい。

“緑の日”ではなく”みどりの日”

かつてのみどりの日は4月29日で、昭和天皇の誕生日です。

5月4日

昭和天皇は自然をこよなく愛され、植物に大変ゆかりのある方だったため、昭和天皇にちなんだ「緑」がふさわしいとして「みどりの日」と制定されました。

また「緑」だと色の印象が強い上に、植物全てが緑色ではないことから、植物一般を表す「みどり」として平仮名で表記されるようになったのではないか、と考えられます。

5月4日

ちなみに、みどりの日限定で「毎日新聞」の題字が普段の青色から緑色に変更されます。

皇居には9ホールのゴルフ場が存在した

皇居には、およそ都会には似つかわしくないほどの森が茂っています。

5月4日

現在の皇居は1868年に明治天皇が京都御所から移り住んだことから始まり、天皇皇后両陛下は、皇居東御苑西側の「吹上御所」にお住まいです。

5月4日

スポンサーリンク



そして明治時代、皇居の「吹上御苑」には、かつて9ホールのゴルフ場が存在しました。

ショートホールが6ホール、ミドルホールが3ホールの合計パー30のコースだったとされています。

5月4日

昭和天皇と香淳皇后は休日にゴルフを楽しまれていたが、1937年7月に盧溝橋事件が勃発したことで、昭和天皇はゴルフを辞められました。

それ以降「芝生等の管理を中止し、自然の状態に還す」という昭和天皇のご意向から、現在の皇居の姿となっています。

その後の吹上御苑では、植物711種、動物2737種の存在が確認され、このうち少なくとも3種は新種という嬉しい報告が確認されました。

5月4日

意外にも、植物の研究をしていたわけではなく「ヒドロ虫類」というマイナーな動物の研究をなさっていましたが、昭和天皇の「みどり」を大切に思う人柄が感じられます。

雑草という草はない

みどりを愛す昭和天皇は「雑草という名前の草はない」とおっしゃいました。

皇居を散歩されていた時、侍従の方から「ここから先は雑草です」と言われた際に返した一言でした。

5月4日

確かに、有名無名はあれど、草花一つ一つには生命が宿っていることを私自身も再認識させられました。

昭和天皇は明治天皇を尊敬されており、皇居を明治神宮に似せたのではないかと考えられます。

明治神宮とは明治天皇を偲ぶために作られた「鎮守の森」なので、自然崇拝の古神道を辿れば「雑草」という概念すらおこがましいと気付かされました。

「みどり」に優劣などありません。

5月4日

歴代の天皇陛下がされたような大掛かりな緑化活動は、我々の力だけでは、なかなか出来ることではありません。

しかし、自然を大切にする、身近な自然を守るという行為は出来るはずです。

みどりの日を通して、普段目にしない自然に注目してはいかがでしょうか。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です