5月3日 は”憲法記念日” 日本国憲法と白洲次郎


憲法記念日は”5月3日”

1947年 5月3日 日本国憲法が施行したのを記念し「憲法記念日」と制定されました。

スポンサーリンク



5月3日

憲法記念日は国民の祝日の一つで「国の成長を期待する」目的があります。

ちょうど対になる11月3日は「文化の日」とされており、日本国憲法と文化を重視する意味合いが込められています。

ちなみに11月3日は明治天皇の誕生日でもあります。

日本国憲法の三大原則

日本国憲法はマッカーサー率いるGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の主導のもとで、吉田茂首相と共に考案されました。

5月3日

日本の行く末と天皇陛下の立場、国民の存在意義について明確に規定されています。

国民主権

日本国憲法が制定される戦前、大日本帝国憲法では、国民主権ではなく天皇主権と規定されていました。

これにより国民が国の中心となり、天皇は国の象徴と大きく変更されました。

つまり、国民が国の舵をとる民主主義へと変わっていきました。

基本的人権の尊重

人が生まれながらにして、人として生きる権利を持つという意味です。

当たり前だと思いがちですが、戦前は人命が軽んじられていました。

国民一人ひとりが自由と権利を保障されるというのは、至極当たり前のようですが最も大事なことです。

日本国憲法では、基本的人権は最大限に尊重され、侵すことのできない永久の権利として規定されています。

平和主義

世界平和のために、外国と戦争をせず平和的な解決模索する考え方から、戦争の放棄、戦力の不保持、交戦権の否認を憲法に定めています。

憲法第9条で詳細に規定されていますが、近年では「時代に沿った憲法であるかどうか」が争点となっています。

憲法記念日と文化の日

11月3日は天長節(後の明治節=天皇誕生日)という祝日が規定されており、明治天皇の功績を讃えるために11月3日を祝日にすることを国民は懇願しました。

5月3日

しかし、天皇と国民の関係をなるべく切り離したいGHQは明治節を廃止します。

また、憲法記念日は公布日の11月3日になる予定でしたが、明治天皇の誕生日と結びつくために、やはり却下されました。

スポンサーリンク



5月3日

その後「憲法記念日という名称でなければ良い」という計らいにより「文化の日」と制定されました。

従順ならざる唯一の日本人「白洲次郎」

日本国憲法を成立を巡り、吉田茂首相はGHQとさまざまな交渉を重ねます。

納得のいかない部分があったものの、現状は一応の決着をつけるために、ある程度の妥協を強いられました。

そういった圧力に屈しなかった人物が、白洲次郎でした。

5月3日

白洲は、GHQと政府各省庁との連絡役として配属された人物で、17歳の頃にケンブリッジ大学にて英語を学んでいます。

根っからの反戦思想の持ち主で、憲法草案時には幾度となくGHQに抵抗した人物でもあります。

GHQの強硬策により憲法が制定された時には、涙を流しながら「今に見ていろ」と言い放ち、日本人としての威厳を取り戻すために奮起します。

このことから、白洲次郎は「従順ならざる唯一の日本人」として評された人物です。

白洲次郎とプリンシプル

白洲次郎は、日本国憲法の制定からサンフランシスコ講和条約の締結までの外交を引き受けます。

日本国憲法の交渉が厳しく、GHQの草案がほぼ通ったときに、悔しさから涙をした理由には、彼の座右の銘に「プリンシプル」という言葉がありました。

プリンシプルには「信条・主義」という意味があり、GHQと交渉する際に対等になれず、プリンシプルが侵害されたことによるものだと考えられます。

しかし、憲法の製作過程に異議を唱えたものの、内容に関しては大筋認めており、特に反戦主義者の白洲にとっては「憲法9条を遵守すべき」としています。

5月3日

日本人は交渉が上手くないため、もし彼がいなければ、日本のプリンシプルはもっと侵害されていたかもしれません。

「日本は戦争に負けたのであって、アメリカの奴隷になったわけではない」と彼は語り、日本国憲法を守ってくれた立役者の一人です。

今日の日本には、海外に台頭していくための「プリンシプル」は持ち合わせているのでしょうか。

憲法記念日を通じて、日本の行く末を見つめ直すべきだと考えます。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です