4月30日 は”図書館記念日” “しみゼロの日”


図書館記念日は”4月30日”

1950年 4月30日 図書館法が施行されたことが由来となり、日本図書館協会によって「図書館記念日」が制定されました。

スポンサーリンク



4月30日

図書館法によって公共図書館が原則無料で利用することが出来るようになり、現在の図書館としてのあり方が定められました。

なお、4月2日は「図書館開設記念日」となっていますが、これは戦前の帝国図書館の制度との決別を意図した意味合いが含まれているそうです。

図書館の個性

一括りに図書館と言っても、それぞれ個性があり差別化されています。

上野 国際子ども図書館

1906年に前身の「帝国図書館」が2000年にリニューアルされ、モダンな図書館へと変貌しました。

帝国図書館は重々しい雰囲気であったため、微塵も感じさせないライトな内装が子供達の健全な発育を促します。

全体的に、子供が本を取りやすく危険のないように低い位置に棚が設置されており、それに伴った開放感があります。

4月30日

子供達に読書の大切さを実感させ、豊富な知識と共に、未来を託すことを目的とされています。

また、子供達の読書を通じて学習環境を作るのは社会の責務であるべきです。

日比谷 都立日比谷図書館

日比谷といえば日比谷公園が有名ですが、その中に日比谷図書館が建立しています。

2011年に「区立日比谷図書館」となり、ミュージアムなども兼ねる複合施設となりました。

4月30日

1908年に開館した歴史のある図書館で、賑やかな日比谷公園を、落ち着いた図書館で存在感を示しています。

4月30日

また、カフェや勉強ルームも完備され、読書を楽しめる環境を最大限に取り揃えています。

多摩美術大学図書館

2007年に開館された多摩美術大学図書館は、アーチ構造になった近代的なデザインで、コンクリートの壁とガラス張りの外観が魅力の図書館です。

4月30日

日光もふんだんに取り入れることをでき、利用者の目の保護にも一役買っています。

4月30日

内装もアーチ構造になっており、美術大ならではの美しいデザインとなっています。

減少する読書人口

読書人口は年々減少傾向にあり、その多くは「忙しい」ことを理由としています。

また、スキマ時間にスマホを利用することで、読書離れに歯止めが効かなくなっています。

しかし、文献自体は減少していないことから、単純に忙しいことを理由に、読書の習慣がなくなってしまっているのでは無いかと考えられます。

スポンサーリンク



4月30日

こうしたことから、図書館や書店の工夫をし、読書が改めて面白いものだと認識してもらう必要があります。

図書館の居心地の良さを実感すれば、読書の良さにも気付くことができるかもしれませんね。

 

 

しみゼロの日は”4月30日”

日本ロレアル株式会社のスキンケアブランドの一つ「ラ ロッシュ ポゼ」により、4月30日を「シミゼロの日」と制定されました。

4(=し)3(=み)0(=ゼロ)の語呂合わせが由来となっています。

4月30日
「ラ ロッシュ ポゼ」とは、フランスにある「ラ ロッシュ ポゼ」村から取られており、この村の湧水が、肌の健康を保つ作用がある「セレン」という物質を含んでいるからだそうです。

皮膚のシミの原因

紫外線には肌に有害な物質が含まれています。

4月30日

これをメラニン色素が紫外線からの攻撃を皮膚から守り、肌の色を濃くして無効化します。

しかし、これによって過剰に発生したメラニン色素が表皮に定着し、シミとなります。

皮膚が生まれ変わる「ターンオーバー」と呼ばれる周期があり、それにより皮膚は元どおりになりますが、年を重ねるにつれてターンオーバーの周期が乱れ、シミが消えにくくなってしまいます。

そのためにターンオーバーを整え、メラニンが皮膚に留まらないように促す必要があります。

皮膚のターンオーバーを促す食べ物

ターンオーバーを整えてくれる物質は「ビタミンA」「亜鉛」「ビタミンC」などの栄養素です。

ビタミンCは肌に良いとよく言われていますが、体に蓄積されにくいため、こまめに摂取する必要があります。

ビタミンA レバー・うなぎ・緑黄色野菜
ビタミンB6 牛レバー・鶏ささみ・かつお・まぐろ・バナナなど
ビタミンC ピーマン・レモン・キウイ・ジャガイモ・オレンジなど
ビタミンE ナッツ類・アボカドなど
亜鉛 牡蠣・チーズ・貝類・赤身肉など

衣服のシミの落とし方

ワインやコーヒーで衣服が汚れた経験はありますか?

4月30日

実は、コーヒーのシミは炭酸水で落とすことができます。

シミのついた部分を炭酸水に浸し、布で上から叩くと落とすことができます。

しかし、時間があまりにも経過している場合には、綺麗に取りきれないこともあります。

バナナの黒いシミとは?

バナナはそもそも熱帯気候の果物のため、冷気に触れることで細胞が変化し、変色します。

4月30日

このときに出来た黒いシミは「シュガースポット」と呼ばれ、その名の通り熟されて特に甘い部分です。

黒くなっているから傷んでいるのではないか?と思われがちですが、食べごろになっているのです。

4月30日

肌にしろ服にしろ、シミとは嫌なものですね。

シミゼロの日を通じて、シミの不快感を取り除きましょう。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です