4月27日 は”哲学の日” 無知の知とは?


哲学の日は”4月27日”

紀元前399年 4月27日 ギリシアの哲学者ソクラテスが死刑判決を受け、獄中で服毒し亡くなりました。

スポンサーリンク



4月27日

ソクラテスは指折りの哲学者であったため、亡くなった4月27日が「哲学の日」と制定されました。

当時、アテナイで対話的問答を通じて、相手に「無知の知」を自覚させようとしたものの、市民に受け入れられずに告発され、死刑宣告されました。

弟子はソクラテスに脱獄を勧めたものの「悪法も法」と言い放ち、服毒に至ったとされています。

ちなみにこの日は「悪妻の日」ともされており、由来は「ソクラテスの妻が愚妻であったから」とされています。

「無知の知」とは?

「無知の知」とは、「唯一の真の英知とは、自分が無知であることを知ることにある」という考え方です。

「自分が『知らない』ということを『知った』だけで、他の人よりも優位に立った」と、ソクラテスは述べています。

つまり、知らないことにすら気付けていないことが最も愚かであるとしました。

4月27日

自分がどれだけ知らないかを自覚することにより、人は初めて自分の頭で考え始めるのです。

哲学とはなにか

哲学とは、世の中の事象や、物の根源のあり方や原理を理性的に考えて、個人の経験則に基づいた人生観のことです。

4月27日

スポンサーリンク



つまり「真理」を自分なりに考えて探求することが、哲学の真意であると考えられます。

それは人生観に委ねられるものなので、個人で見解が大きく異なります。

そのため、文化や国によって物事の捉え方が大きく違います。

海外にはソクラテス以外にも、プラトンやニーチェなど有名な哲学者がいますが、日本には「学問のすゝめ」を説いた「福沢諭吉」などの哲学者が存在しました。

哲学者たちの名言

哲学者たちの一言には力があり、心に響き、どれほど考えても答えが出ない時に、指針となって私たちに呼びかけます。

ソクラテス

・止まりさえしなければ、どんなにゆっくりでも進めばよい

・好きなことを仕事にすれば、一生働かなくてすむ

・人間は逆境において人間の真価を試される。人生の達人は逆境を楽しみ、順境もまた楽しむのです

・徳ある人を見たらその人に並ぶことをめざせ。徳なき人を見たら我が身を振り返り自省せよ

プラトン

・幸福を数えたら、すぐ幸福になれる

・人間は考えることが少なければ少ないほど余計にしゃべる

ニーチェ

・他人の不幸に同情するのは、自分に無関係だと思えない時だけである

・生きるとは息をすることではなく行動することだ

 孔子

・人間は行動を約束することはできるが、感情は約束できない。なぜなら、感情は気まぐれだからである

・人生は常に頂上に近づくほど困難が増してくる。寒さは厳しくなり責任は重くなる

・人が意見に反対するときはだいたいその伝え方が気に食わないときである

・孤独な者よ、君は創造者の道を行く

モンテスキュー

・今日なし得ることに全力をつくせ。しからば明日は一段の進歩あらん

ルネ・デカルト

・自分に勝つこと。これこそがこの世で最も難しい勝利である

・失敗する方法ならいくらでもある。しかし、成功する道はたった一つしかない

 アリストテレス

・石工はみんな知っている。小さい石もないと、大きな石だけでは石垣は上手に積み上げられないと

・最高の幸福は少しの物で満足して生きれることである

4月27日

「なぜそうであるのか、そして我々はどうすればいいのか」を、哲学者は筋道を立てて、私たちを導いてくれます。

人生とはなんなのか、「哲学の日」を機に考えてみるのはいかがでしょうか?

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です