4月21日 は”川根茶の日” 静岡茶も地域で呼び名が違う


川根茶の日は”4月21日”

静岡県「川根お茶街道推進協議会」により、 4月21日 を「川根茶の日」と制定されました。

スポンサーリンク



4月21日

(画像:松島園

「川根茶の日」では、川根茶の歴史や文化を多くの人に知ってもらい、その美味しさを目的としています。

4月21日の由来とは、立春から数えて七十七夜目となる日が4月21日であることが理由です。

川根茶とは?

川根茶とは、日本の三大銘茶「静岡茶」「宇治茶(京都府)」「狭山茶(埼玉県)」の中の「静岡茶」に区分されているお茶で、その中でも有名な銘柄の一つです。

4月21日

(画像:川根本町商工会

静岡県の川根地域(島田市川根町)で摘まれた茶葉を、同町内の製茶工場で加工しています。

南アルプスから流れる大井川水系の環境を生かし、その美しい水から農家の方々の努力によって作り上げられました。

4月21日

そうして完成した川根茶には、甘みと渋みが程よく含まれており、香りも高いため、数ある静岡茶の中でも支持されています。

また特徴として、標高の高い場所で栽培されているために新茶の時期が遅いです。

冷える山間部では害虫も少なく、じっくりと栄養を新芽に蓄えることが出来るため味に深みが出ます。

その結果、他のお茶と比べ旨み成分のアミノ酸などの含有量が高くなっています。

静岡茶には厳格な規定がある

静岡茶には厳格な規定が盛り込まれており、「静岡県茶業会議所」と「日本茶業中央会」によって厳しく基準が定められています。

4月21日

スポンサーリンク



「静岡茶」というブランド価値を下げないために、基準を満たさないものは静岡茶の名称を語ることができません。

静岡茶…静岡県内産茶葉を100%使用したものに限る。

静岡茶ブレンド…静岡県内で生産された茶葉を50%以上使用し、配合比率を明確に表示したもので、最終加工が静岡県内で行われたもの。そのため、配合に国産の茶葉が使われているとは限らない。

お茶の名産・静岡には多数のブランドがある

お茶の聖地である静岡県では、静岡茶というブランドの中に、産地を限定した地域ブランドが多数あります。

4月21日

菊川茶 菊川市
小笠茶 菊川市
岡部茶 藤枝市
本山茶 静岡市葵区安倍奥・藁科地区
足久保茶 静岡市葵区足久保地区
両河内茶 静岡市清水区両河内地区
清水茶 静岡市清水区
島田茶 島田市
金谷茶 島田市
掛川茶 掛川市
静岡牧之原茶 牧之原市
引佐茶 浜松市北区
天竜茶 浜松市天竜区
袋井茶 袋井市
富士茶 富士市・富士宮市
天城茶 伊豆市周辺

 

4月21日

静岡県のお茶に対する並並ならぬこだわりを感じますね。

日本のお茶は世界でもトップクラスであると考えていますが、こうしたこだわりならではの結果だと考えます。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です