4月20日 は”郵政記念日” 郵便ポストはなぜ赤い?


郵政記念日は”4月20日”

1934年 4月20日 (旧暦では3月1日)「逓信省」(現:日本郵政グループ)によって「郵政記念日」の元となる「逓信記念日」が制定されました。

スポンサーリンク



4月20日

また、2月8日「郵便マークの日」もよろしければ併せて御覧ください。

なぜ4月20日?

郵政記念日が4月20日である理由とは、現在の郵便制度が始まったのが1871年4月20日であり、かつての飛脚制度から郵便制度に移り変わったことが由来となっています。

4月20日

この年から東京・京都・大阪と東海道線の各駅で、郵便物の取り扱いと切手の発行が始まり、翌年には全国各地で開始しました。

そのため、4月20日から4月26日は「郵便週間」とされています。

二転・三転した「郵政記念日」が制定されたのは、意外にも2001年

「郵政記念日」と最終的に決定したのは2001年と、意外にも最近です。

もともとは、逓信省が上記の理由に「一般会計から分離して通信事業特別会計が創設されたことに伴う記念事業の一環」という理由を加えて、1934年に4月20日を「逓信記念日」と名付けます。

4月20日

その後、1950年に逓信省は「郵政省」「電気通信省」の2つに区分けされたことによって、「逓信記念日」を「郵政記念日」へと変更しました。

しかし1959年に、国会で郵政省を逓信省に戻す法案が衆議院で可決されたことで「郵政記念日」を「逓信記念日」へと再度変更されました。

この法案が通ると思いきや、参議院では否決され、郵政省は存在するものの、見切り発車的に変更された「逓信記念日」が残るという不測の事態が40年ほど続きます。

4月20日

スポンサーリンク



そしてようやく2001年に郵政省は「郵政事業庁」となり、晴れて「郵政記念日」となりました。

郵便ポストはなぜ赤い?

郵便制度が始まったのは1871年、当時の郵便ポストは黒色でしたが、街灯が少なかったため、夜間は大変見辛かったとされています。

4月20日

さらに時を同じくして、1872年に公衆トイレの設置が始まりました。

「郵便」という言葉がまだ一般的に認知されておらず、「垂便」と読み間違いが多発し、粗相する人が多かったために、郵便ポストはわかりやすい赤色に変更されました。

日本初の切手

日本で初めて製造された切手は「竜文切手」と呼ばれる切手です。

4月20日

これは、郵便制度が開始された1871年4月20日に発行されたもので、彫刻士の松田敦朝がデザインしています。

竜文切手は和紙に印刷されており、現在ある「目打ち」(切り離しやすくするキリトリセン)や「裏糊」もありませんでした。

「文」とは通貨の単位のことで、時代が移るとともに、竜文切手は竜銭切手へと変化していきました。

なお、竜銭切手には目打ちと裏糊加工が施されています。

4月20日

この頃は物価の変動が激しく、市場価値も大きく変化したため、どちらの切手も流通してからすぐに姿を消し、また別の切手へと変わっていきました。

4月20日

郵便は江戸時代から続く業務の一つですが、郵送手段が次々と発達し、時代の影響を最も受けている職種の一つです。

現在ではドローンを使った配送も計画されていることから、これからも郵政事業から目が離せませんね。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です