4月13日 は”喫茶店の日” スターバックスには裏メニューがある


喫茶店の日は”4月13日”

1888年 4月13日 東京都上野で日本初の喫茶店「可否茶館(=かひさかん)」が開業しました。

スポンサーリンク



それが由来となり、4月13日は「喫茶店の日」とされています。

4月13日

可否茶館では1階がビリヤード場、2階が喫茶室になっており、図書や新聞も取り揃い、囲碁・将棋なども出来る、現代の喫茶店より敷居が高いものとなっていました。

コーヒー一杯の値段は1銭5厘で、当時からリーズナブルな価格設定でしたが、残念ながら5年で閉店となりました。

なぜ「珈琲」と呼ばれるようになった?

可否茶館ではコーヒーを「可否」と当て字にしていますが、現在使われているコーヒーの当て字は「珈琲」が主流になっています。

4月13日

この当て字を考案したのは、宇田川榕菴という幕末に活躍した蘭学者だとされています。

「珈琲」の漢字で採用された理由は、コーヒーの木の枝に実った赤い実の様子が、女性の髪飾り「かんざし」に似ていることが由来とされています。

4月13日

「珈」は花かんざし「琲」はかんざしの玉をつなぐ紐を表現しているようです。

カフェインレス・コーヒーは失敗作から生まれた?

コーヒーを飲む人にとって、やはり気になるのがカフェインですね。

しかし、カフェインが抜けていることで味気ないコーヒーになってしまうことも事実です。

そのため近年では、風味が損なわれていない美味しいカフェインレス・コーヒーが製造されるようになりました。

4月13日

カフェインレス・コーヒーが完成したのは20世紀で、船で輸送中にコーヒー豆が海水に浸ってしまったことがきっかけとなっています。

処分するのがもったいなかったため、そのまま焙煎すると、カフェインが抜けていることが判明しました。

これまでにカフェインを抜いたコーヒーを作り出す研究が次々となされていたものの、こんなに簡単に出来るとは、やはり失敗は成功の母ですね。

コーヒーの木一本で、何配分のコーヒーが作れるか

コーヒーは、真っ赤な木の実の「コーヒーチェリー」から製造されます。

4月13日

そのコーヒーチェリーがなる木一本から、約3kgのコーヒーチェリーが収穫できます。

4月13日

その状態から選別し、さらに焙煎すると約400gほどまで減少します。

コーヒー一杯に、10gのコーヒー粉末を使うと40杯分と、意外と少ない量になります。

4月13日

コーヒーの木に実がなるのが、品種にもよりますが、およそ5年目とされているので、コーヒーは我々が想定しているより、ずっと貴重品なのかもしれませんね。

カフェと喫茶店の違い

同じニュアンスで使われていますが、実はカフェと喫茶店では「営業許可」が違います。

4月13日

カフェは「飲食店営業許可」で、お酒を提供できますが、喫茶店は「喫茶店営業許可」になり、お酒の提供はできません。

しかし、喫茶店によってはお酒の提供をする店もありますが、その場合「純喫茶」として区別しているようです。

なお、喫茶店営業許可の方が申請が通りやすいとされています。

スターバックスの隠しメニュー

あらゆる世代に人気の「スターバックス」ですが、メニューに載っていない注文を受けてくれることがあります。

4月13日

そんな裏メニューをまとめてみました。

フラペチーノの裏メニュー

エスプレッソフラペチーノ

4月13日

1.コーヒーフラペチーノを注文
2.エスプレッソショットの追加(+50円)

オレオフラペチーノ

4月13日

1.バニラクリームフラペチーノ注文
2.チョコレートチップ追加(+50円)
3.チョコソース追加

チャイクリームフラペチーノ

4月13日

1.バニラクリームフラペチーノを注文
2.チャイシロップに変更
3.シナモンパウダー追加

白桃フラペチーノ

4月13日

1.マンゴーパッションフラペチーノ注文
2.パッションティーを抜いてもらう
3.ホワイトモカシロップ追加(+50円)
4.お好みでホイップクリーム

杏仁フラペチーノ

4月13日

スポンサーリンク



1.バニラクリームフラペチーノを注文
2.バニラシロップを抜き
3.アーモンドシロップに変更

わらび餅フラペチーノ

4月13日

1.抹茶フラペチーノ注文
2.無脂肪乳に変更
3.ホワイトモカシロップ追加
4.コーヒーゼリー追加 (+100円)

コーヒー抹茶クリームフラペチーノ

4月13日

1.抹茶クリームフラペチーノを注文
2.シロップ抜き
3.コーヒー追加(+50円)

 

ホワイトチョコレートモカフラペチーノ

4月13日

1.キャラメルフラペチーノを注文
2.ホワイトモカシロップに変更
3.キャラメルソース無し

夢フラペチーノ

4月13日

1.バニラクリームフラペチーノを注文
2.エスプレッソショット追加(+50円)

アポロフラペチーノ

4月13日

1.ストロベリークリームフラペチーノを注文
2.チョコレートソースを追加
3.チョコチップを追加(+50円)

ミロフラペチーノ

4月13日

1.バニラクリームフラペチーノを注文
2.チョコチップ追加(+50円)
3.キャラメルシロップ追加(+50円)

バレンシアストロベリーチーズケーキフラペチーノ

4月13日

1.ストロベリーチーズケーキフラペチーノを注文
2.バレンシアシロップに変更
3.ストロベリーソースを増量
4.ミルクを豆乳に変更(+50円)

ゴディバフラペチーノ

4月13日

1.バニラクリームフラペチーノを注文
2.シロップをモカシロップに変更
3.ヘーゼルナッツシロップを追加(+50円)
4.チョコソース追加
5.チョコレートチップ追加(+50円)
6.エキストラホイップ

キャラメルヘーゼルナッツフラペチーノ

4月13日

1.キャラメルフラペチーノを注文
2.ヘーゼルナッツに変更
3.ソイミルクに変更

ちゃんみおスペシャル

4月13日

1.ホワイトチョコレートモカフラペチーノを注文
2.キャラメルソースを追加
3.ヘーゼルナッツシロップを追加(+50円)
4.チョコチップを追加(+50円)
5.エキストラホイップ
6.エスプレッソショットを追加(+50円)

ラテの裏メニュー

バニララテ

4月13日

1.スターバックスラテを注文
2.バニラシロップ追加(+50円)

ハニーミルクラテ

4月13日

1.スターバックスラテのホットを注文
2.フォームミルク多め
3.コンディメントバーでハチミツを追加

ロイヤル・イングリッシュ・ブレックファーストティーラテ

4月13日

1.スターバックスティーラテを注文
2.茶葉にイングリッシュブレックファーストティーを選択
3.シロップをホワイトモカに変更

ダーティーチャイ

4月13日

1.チャイティーラテを注文
2.エスプレッソショットを追加(+50円)

ゼブラマキアート

4月13日

1.キャラメルマキアートを注文
2.バニラシロップをホワイトモカに変更
3.キャラメルソースをチョコソースに変更

 

ココアの裏メニュー

ブラックココア

4月13日

1.ココアを注文
2.エスプレッソショット追加(+50円)
3.ホイップクリーム抜き

マーブルチョコレートココア

4月13日

1.ココアを注文
2.ホワイトモカシロップ追加(+50円)

ココアカプチーノ

4月13日

1.カプチーノを注文
2.モカシロップを追加(+50円)
3.チョコレートソースを追加
4.コンディメントバーでココアパウダーを追加

4月13日

現在では減少傾向にある喫茶店。

それに伴い、拡大しつつある大型カフェチェーン店。

喫茶店のレトロな空気を感じ、ゆっくり本を読む。

素晴らしい贅沢ですね。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です