4月12日 は”パンの記念日” 食パンは消しゴムだった?


パンの記念日は”4月12日”

1983年 4月12日 「パン食普及協会」により「パンの記念日」が制定されました。

スポンサーリンク



4月12日

4月12日に、伊豆韮山の代官「江川太郎左衛門」によって「兵糧パン」が初めて製造されたことが由来となっています。

なぜ、パンが生み出されたのか?

1840年に中国でアヘン戦争が起こり、徳川幕府は外国からの攻撃に警戒感を持ちます。

4月12日

その対策として、まずは戦闘時の食料事情から見直しました。

日本の主食は言わずと知れた米ですが、米は炊くときに火を使うため、どうしても煙が発生してしまいます。

そうなると、敵国に自軍の居場所を知らせてしまうことになるので、携帯食料を考案します。

4月12日

そこで、江川太郎左衛門が「兵糧パン」と名付けた、今でいう乾パンを製造し、味もそれなりで携帯に便利だったことから、乾パンが軍用食に採用されました。

4月12日

その後、明治時代に入り西洋文化が浸透し始め「木村屋」が「あんぱん」を開発したことから、パンが広く普及したとされています。

あんぱんについては4月4日「あんぱんの日」をご覧ください。

食パンは消しゴムとして使われていた

かつて、絵画やデッサンのときに、パンの白い箇所を消しゴムとして使われていました。

4月12日

(写真:武蔵野美術大学

もちろん、パンは食べ物として製造されているものなので、本来の用途とは違います。

そこで、食用のパンと消しゴムとして使うパンを区別するために「食パン」と呼ばれるようになりました。

また、食パンと呼ばれるようになったのは別の説もあり、パンの膨らんだ断面が虫食いに見えたことから「食べられたパン=食パン」と呼ばれるようになったとも言われています。

パンは何語?

1543年の鎖国中の日本に、パンはポルトガルから流入してきました。

4月12日

スポンサーリンク



そのため、パンはポルトガル語であり、中国語を除けば初めての外来語が「パン」ともされています。

パンは英語で「Bread」で、パンの耳は「heel of bread(=パンのかかと)」と呼ばれています。

食パンの袋留めの名前とは

朝食で出てくる数枚スライスの食パンは袋に入っており、あの水色の袋止めは定番ですね。

4月12日

あの留め具は「バッグ・クロージャー」という正式名称があり「クイック・ロック・ジャパン」によって製造されています。

ちなみに、バッグ・クロージャーはコードを束ねるのにも便利です。

食パンの切り方に地域差がある

食パンは、関東では6~8枚切り、関西では4,5枚切りがオーソドックスになっています。

4月12日

これは、関東と関西の食文化の違いで差がつけられています。

関西では粉物の食べ物が多く、弾力性があり柔らかい食感が好まれています。そのため、厚切りで販売されています。

一方、関東ではせんべいのように硬いものが好まれているため、食パンは薄切りで販売されています。

地域で好みの差があるのですね。

パン屋の1ダースは「13」

一般的に1ダースは12という単位になっていますが、パン屋では1ダースが13となっています。

4月12日

この風習はイギリスから始まっており、パンを主食としていたイギリスでは、かつて、パン屋が不正を働かないように「規定の重量以下でパンを販売した場合罰せられる」という厳しい法律がありました。

重量を下回って法に触れないように、パン屋は従来の12個より一つ多く、13個にして販売するようになりました。

4月12日

こうして罰を防いでいたのですが、これには意外な効果があり「13個になったことで一つ得をした」と考えるお客さんが増えたことから、パン屋では1ダースを13個にする風習が定着しました。

数字の力は凄いですね。

4月12日

私はご飯が好きですが、パンは軽食としてよく買います。

パンの手軽さと、ご飯のボリューム感。

その一長一短から、お昼をどちらにするか迷う日もしばしばあります。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です