4月10日 は”駅弁の日” 日本一値段の高い駅弁とは?


駅弁の日は”4月10日”

1993年「日本鉄道構内営業中央会」により、 4月10日 を「駅弁の日」と制定されました。

スポンサーリンク



弁当の「弁」の文字が「4」と「十」の組み合わせに見えることと、10「=とう」が由来となっています。

4月10日

4月は行楽シーズンであることから、より駅弁をPRすることが「駅弁の日」の目的とされています。

また、7月16日は「駅弁記念日」とされています。

こちらは旅館「白木屋」が、1885年7月16日に「宇都宮駅」で初めて駅弁を売ったことを記念とし、制定されました。

日本で初めて売られた駅弁に関しては諸説ありますが、7月16日が現在では有力説とされています。

旅のお供に駅弁

駅弁は旅行の楽しみのひとつであり、旅のお供と言っても過言ではありません。

日本で初めて販売された駅弁は、ごはんとたくあんだけの簡素なものでした。

4月10日

しかし近年では、駅弁は地域の特色を取り入れたものが増え、種類が豊富になってきました。

もはや、新幹線で景色を見ながらいただくだけのものではなく、駅弁自体の美しい彩りが、旅に更なるアクセントを添えるようになりました。

北海道:小樽駅「海の輝き」1580円

4月10日

特上のウニといくらが「海の輝き」を表現して盛り付けられた贅沢な一品です。

大手百貨店の「北海道物産フェア」などで購入できますが、普段は小樽駅のみの販売となっています。

山形県:米沢駅「牛肉どまん中」1250円

4月10日

山形県産のお米「どまんなか」と、特製タレで味付けした牛そぼろをふんだんに使った駅弁です。

「山形新幹線」の開業にあわせて開発された駅弁で、現在では山形県を代表する人気となりました。

福井県:福井駅「越前カニ飯」1180円

4月10日

セイコガニの卵巣やみそをほぐして炊き込んだご飯に、ズワイガニをほぐした身が贅沢に敷き詰められた駅弁です。

全国駅弁人気ランキングの常連で、加賀温泉などでも販売されています。

兵庫県:西明石駅「ひっぱりだこ飯」1000円

4月10日

明石の名物であるタコと、細かく切ったアナゴがふんだんに使われた食べ応えある駅弁です。

蛸壺をイメージした器がとてもユニークですね。

広島県:宮島口駅「あなごめし」1944円

4月10日

駅弁は冷めても美味しいですが、「あなごめし」は冷めてから美味しさが実感できるように計算されて作られています。

穴子の蒲焼のタレをご飯が吸い取り、ご飯との味加減が絶妙に調節されていえ、より穴子の旨味が引き立つ味わいとなっています。

スポンサーリンク



熊本県:新八代駅「鮎屋三代」1100円

4月10日

球磨川で獲れた天然鮎を、鮎の老舗「より藤」が秘伝のタレで長時間じっくり煮込んで完成しました。

鮎の甘辛い甘露煮が、ご飯の上でほろほろと箸で崩せて、骨まで美味しい駅弁です。

沖縄県:壺川駅前「海人がつくる壺川駅前弁当」850円

4月10日

駅弁ではなく「駅前」弁当ですが、壺川駅前でしか販売されていない貴重な駅弁です。

海ぶどうやてんぷらなど、沖縄県の特産品をありったけ詰め込んでおりボリューム満点です。

その場で獲れた新鮮な魚介類を使っているために、これだけの量にも関わらず、値段が非常にリーズナブルに設定されています。

日本一値段の高い駅弁は?

日本一高い駅弁は、日光鱒鮨本舗株式会社によって製作されている「日光埋蔵金弁当」で、お値段は162,000円に設定されています。

4月10日

弁当箱には創業100年の歴史を持つ「村上豊八商店」の日光彫と漆塗りの弁当と箸が使用されています。

具材も一流品を取り揃えており、「とちぎ和牛」「日光鱒寿し」「日光姫寿し」「揚巻きゆば」「日光けっこう漬け」「一秋庵久埜の季節の和菓子」「北海道産たらばがにと九州産車海老を使用したばらちらし」「九州産の車海老」「キャビア」と、内容にもこだわっております。

予約のみの販売となっていますが、常に品切れの大人気商品です。

駅弁と「道の駅」

近年、日本テレビの人気番組「鉄腕ダッシュ」にて道の駅が取り上げられることが増え、地域で差別化が積極的に行われるようになりました。

最近では、旅の目的地にたどり着く中継地点で使われるに止まらず、道の駅を目的に観光する旅行者も増えています。

道の駅では駅弁以外にも、地域の特産物が新鮮な状態で手に入ることに加え、観光地の空気を感じながらその場で食べることができるため、人気のスポットとなっています。

目的地を目指すだけでなく道中を楽しむために、道の駅が旅行に花を添えています。

もしかしたら、まだ知られていない地域限定の絶品駅弁があるかもしれませんね。

4月10日

鉄道の旅の友として多くのお客様にご利用され、親しまれてきた「駅弁」

たまには目的を忘れて、地方の駅弁に舌鼓を打つのもいいですね。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です