4月5日 は”ヘアカットの日” 由来は「女性の断髪禁止」?


ヘアカットの日は”4月5日”

1872年 4月5日 東京府は女性の髪を自由に切ることを禁止する「女子の断髪禁止令」を打ち出しました。

スポンサーリンク



4月5日

しかし、この禁止令を記念して「ヘアカットの日」が制定されたわけではなく「女子の断髪の自由」というアンチテーゼとして「ヘアカットの日」が制定されました。

そもそも、なぜこのような不自然な条例が制定されてしまったのか、それは時代背景にあります。

ヘアカットの日の由来とは?

明治維新が起こり、西洋の文化が日本へ流入し始めました。

4月5日

1871年に「散髪脱刀令」がしかれ、武士は徐々にマゲを結うことが減っていきます。

しかし、日本の文化である「ちょんまげ」をそう簡単に切ることができず、西洋かぶれにならないと意見する人も大勢おり、この方針は賛否両論でした。

一方の女性は、長い髪を結うのにとても手間がかかっていたので、この条例に触発されました。

4月5日

次第に、女性は髪を切り始める人が増え始め、近代的なショートカットなどファッションに注目されていきます。

それを面白くないとした東京府が「婦女子が髪を切ることは容認できない」「髪を切ることはナショナリズムに反する」とし、女性の髪は男性とは反対に、切ってはいけないとする「女子の断髪禁止令」を1872年4月5日に打ち出したのです。

4月5日

しかし、これに反発した女性は多く、男性の髪型を女性が真似してはいけないのは理不尽だとして、4月5日に「ヘアカットの日」として広める活動を始めました。

ヘアカットの日は具体的に何が行われている?

「ヘアカットの日」は現在、美容院や床屋などで、男女問わず価格を値下げして呼びかけられています。

スポンサーリンク



4月5日

4月から新年度が始まり、学校や職場などへ赴く心機一転のきっかけとして、現在はアピールされています。

本来とは目的が大きく変わりましたが、季節柄イメージチェンジを考えている人や、春らしい明るい髪型にしたい人は多く、4月にぴったりの記念日となりました。

1日に髪の毛はどれくらい伸びる?

髪の毛は1日に、およそ0.3~0.4mm伸びるとされています。つまり、一ヶ月で平均1cmほど伸びます。

髪の毛の成分はケラチンというタンパク質でほとんどが構成されており、タンパク質やミネラル・ビタミンを摂取することで髪が伸びます。

4月5日

また、亜鉛も髪を生成するのに必要な栄養素の一つで、亜鉛を含む食物を摂取すると髪がより早く伸びるとされています。

豚レバーや牡蠣、アーモンドやチーズなどに多く含まれています。

また、喫煙すると髪の毛に栄養がいきにくくなるため、伸びるのが遅くなります。

髪の寿命とは

髪の毛にはサイクルがあり、一本一本に寿命があります。

髪の毛一本の平均寿命は、男性が3~5年、女性が4~6年とされており、1日に平均50~100本抜けます。

女性は「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンを多く持つため、男性より髪の毛が長く成長します。

そのため、男性ホルモンが増えると髪の毛が抜けやすくなるメカニズムになるのです。

4月5日

ヘアカットの日は、男尊女卑の社会にメスを入れる大事な第一歩だったと言えます。

髪を切る自由すら得られない社会など、現代ではあってはならないと考えます。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です