4月4日 は”あんぱんの日” あんぱんの上の粒はゴマではない

4月4日 4月

あんぱんの日は”4月4日”

1875年 4月4日 明治天皇がお花見をする際に、木村屋の木村安兵衛が「あんぱん」を振る舞いました。

スポンサーリンク



4月4日

これまでに京都の和菓子を出していましたが、このとき日本の花を象徴する八重桜を取り入れた「桜あんぱん」を作り、純日本製のパンを振る舞ったことが由来となり、4月4日は「あんぱんの日」とされています。

明治天皇はたいそう喜ばれ、木村屋で「桜あんぱん」は大人気の商品となりました。

あんぱんは日本人がパンを食べるようになるために作られた

パンは、16世紀にポルトガルから伝わってきましたが、米色の日本ではあまり浸透しませんでした。

4月4日

そもそも、茶碗と箸でご飯を食べる日本人にとってパンは食べ方が全く異なりますし、バターの香りに馴染めなかったからです。

そこで、木村屋の主人「木村安兵衛」が日本人が好む小豆をふんだんに使い、パン文化を浸透させるために「あんぱん」を完成させました。

饅頭は日本人に好まれている味だったので、当時は饅頭の感覚に近い工夫を取り入れたようです。

あんぱんの上に乗っている白い粒はゴマではない

あんぱんの上にある粒は、実はゴマではありません。

あんぱんの上には、「ひなげしの種」が使われています。

ひなげしは「ケシ」であり、ケシそのものは麻薬の原料になりますが、あんぱんに使われているものは加熱処理を施されており、発芽しないものなので問題ありません。

スポンサーリンク



あんぱんを開発した木村屋では「乗せると香ばしくなる」という理由で、ひなげしの種を乗せ始めました。

4月4日

また、つぶあんとこしあんを見分けるために、つぶあんにはゴマを、こしあんにはひなげしの種を乗せて区別していたようです。

あんぱんと見分けがつくように、ジャムパンの形は変えられた

ジャムパンは何だか不思議な形をしていると思ったことはありませんか?

4月4日

あんぱん、カレーパン、焼きそばパンにしても決まった形をしていますが、ジャムパンは楕円のような「いびつな形」です。

これは、あんぱんと見分けることができなくなったために、ジャムパンの形を敢えて変えたとされています。

あんぱんは丸い形をしていますが、差別化するために形を変えたら、同業他社もそれに習ったことから現在の形が定着しています。

あんぱんには保存料が含まれない

あんぱんは、菓子パンの中で唯一保存料が使われていません。(使われている場合もあります)

あんこの糖分には水分を吸収する働きがあり、雑菌の繁殖を防ぐ効果があります。

バイキンマンがアンパンマンに勝てないのは、これが理由かもしれません。

4月4日

「和風のパン」と言われたら、真っ先に思いつくのが「あんぱん」ですね。

昨今では、菓子パンに含まれる添加物が体に影響を及ぼすことが騒がれていますが、あんぱんは余計な添加物が含まれていないので、その部分だけは他の菓子パンと比べ安心ですね。

しかし食べすぎると、糖分の摂りすぎなどの別の弊害があるので注意しましょう。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメント

タイトルとURLをコピーしました