4月1日 は”エイプリルフール” 逆エイプリルフールがある


エイプリルフールは”4月1日”

4月1日 は年に一度、嘘をついていいという「エイプリル・フール」です。

スポンサーリンク



アメリカ・ロシア・フランス・ドイツなど各国でも浸透しています。

4月1日

イギリスでは嘘をついていいのは午前中のみと紳士の国ならではの規則がありますが、日本もその規則に習っているかは定かではありません。

もともと日本の国民性が真面目なので、エイプリル・フール自体そこまで定着していないと考えられます。

暗黙の了解

エイプリル・フールは「嘘をついていい」日とされていますが「嘘をついても許される」わけではありません。

4月1日

そのため、人が傷ついたり、人に迷惑をかけたりするような嘘をついてはいけません。

最低限の公共の福祉は守りましょう。

モラルを守って、きちんと嘘をつきましょう。と、型にはめるあたりが日本人らしい発想ですね。

エイプリルフールの発端

エイプリル・フールの由来は諸説存在します。

フランスの場合

かつて、ヨーロッパの新年は3月25日で、4月1日まで春のお祭りを行われていました。

その後、1564年にフランスのシャルル9世が1月1日を新年に変更します。

4月1日

この政策に反発した民衆は、4月1日を「噓の新年」とバカにしたところ、シャルル9世に処刑されてしまいました。

この事件を忘れないために、4月1日を「エイプリルフール」として祝うようになったとされています。(最も有力な説です)

この時に処刑された人の中に13歳の少女がいたため、この少女を悼み、13年に一度、真実しか言ってはいけない「逆エイプリルフール」が作られました。

キリスト教の場合

4月1日

キリストの命日が4月1日であり、ユダがキリストを裏切った日とされているから、「エイプリルフール」となった説が存在します。

旧約聖書の場合

世界が大洪水に見舞われ、ノアが箱舟に乗って脱出した後、ノアは鳩を飛ばして世界の様子を知ろうとしました。

しかし、4月1日に戻ってきた鳩から何も知ることができなかったことから、4月1日を「無駄なことをした日」となった説が存在します。

インドの場合

かつて、インドの僧たちの間では、3月25日から3月31日までの一週間を坐禅する修行が行われていました。

4月1日

悟りの境地から現世に戻った僧たちは、この世の煩悩にまた苦悩しなくてはならないことから、4月1日を「揶揄節」として、表現したことがヨーロッパに広まったという説が存在します。

日本の場合

日本に「エイプリルフール」が伝わったのは江戸時代とされており、4月1日を借金を返していなかったことなどをお詫びする「不義理の日」とされていました。

スポンサーリンク



日本で本格的に浸透してきたのは大正時代からのようです。

日本の企業のウソ合戦

もはや毎年の定番とされている各企業のエイプリルフールイベント。

大手メーカーなど様々な分野で大々的に告知する「エイプリルフール専用の広告」があります。

4月1日

しかし、CGなどを駆使して本格的に制作されているため「本当なのでは?」と疑ってしまうようなものも多く存在します。

2018年はこんな嘘が

https://twitter.com/McDonaldsJapan/status/980101162711085056

こうした手の込んだ愛のある嘘は大歓迎ですね。

エイプリルフールの嘘は実現しなくなる?

エイプリルフールの嘘は実現しなくなるというジンクスが存在します。

「結婚しました!」「宝くじに当選しました!」などの嘘をつくと、その年は本当に結婚できなかったり、宝くじに当選しなかったりするそうです。

嘘をつくメリットが全くありませんね。

しかし「宝くじに当選しなかった!」と言っても、それは真実なので、嘘にならないのが難しいところです。

4月1日

人は嘘をつく生き物です。

今日だけは嘘をついてもいいかもしれませんが、嘘をつく前にメリットも考えるといいかもしれませんね。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です