3月27日 は”さくらの日” 桜に「さくらんぼ」はなるの?


さくらの日は”3月27日”

1992年 3月27日 「日本さくらの会」が「さくらの日」を制定しました。

スポンサーリンク



3×9(さくら)=27という掛け算の語呂合せと、七十二候のひとつ「桜始開(さくらはじめてひらく)」が重なる時期が由来となっています。

3月27日

「さくらの日」は日本の歴史や文化、風土と深くかかわってきた桜を通して、日本の自然や文化について関心を深めることを目的として制定されました。

なお、日本さくらの会は1964年東京オリンピック開催に向けて結成された組合です。

日本人にとって、花といえば桜!

日本人が花を連想するとき、多くの人が桜をイメージすると思います。

また海外から見ても、日本をイメージする花といえば桜です。

3月27日

桜は「さ=田の神」「くら=神の宿る場所」で、田の神が宿る木と考えられてきました。

また、桜の語源は「咲く」「ら(複数)」からきたという説も存在します。

花見は憂さ晴らしの一つだった

かつて、江戸時代では火事と喧嘩が絶えませんでした。

そこで、徳川吉宗は治安維持や不平不満の憂さ晴らしのために花見を取り入れました。花見をして心の健全化を計ったのです。

3月27日

その結果、花見は多くの人から親しまれ、江戸時代にはたくさんの桜の名所が生まれ、ゆくゆくは歌舞伎や短歌にも桜が取り入れられるようになりました。

桜には、咲く美しさ以外に、散り際の儚さがあり、それが日本人の侘び寂びを象徴していることからシンパシーを感じ、愛されるようになったと考えられます。

桜が咲くのはいつから?

日本は縦に長いため、桜前線が県によって大きく異なります。

年の平均気温が高い沖縄では1月下旬には桜が咲き始め、春の到来が遅い北海道では5月頃から咲き始めます。

3月27日

関東に住んでいる私にとっては、冬の桜も5月の桜も新鮮味があって好きですね。

スポンサーリンク



花より団子。三色団子の色には秘密がある

花より団子、花見をしながら食べる団子の味は格別ですね。

3月27日

桜といえば三色団子ですが、あの鮮やかな色合いには意味があります。

桜が咲く順番がそのまま三色団子になっており、ピンク色のつぼみがついた後に白い花が咲き、散って緑色の葉になることを示しています。

3月27日

それ以外にも、ピンクが桜、白が白酒、緑がよもぎなど諸説がありますが、三色団子一つで春を表しているのですね。

桜に「さくらんぼ」はなるのか

桜もさくらんぼも英語で「Cherry」ですが、さくらんぼがついた桜をあまり目にする機会はありません。

3月27日

それもそのはずで、さくらんぼは「ミザクラ」という品種になります。

桜は品種が多く、ソメイヨシノなど様々な交配種は存在し、300種類ほどに分類されます。

3月27日

その中でも、ミザクラは観賞用の桜ではなく食用の桜で、柿などのように果物がなる木です。

そのため、普段目にする桜の木についている、小さな実は大きくなることはありません。

3月27日

日本人が愛してやまない花、桜。

冬の厳しい寒さと春の到来がより一層、桜を好きにしてくれますね。私も桜が大好きです。

トップページに戻る

スポンサーリンク



3月27日 は”さくらの日” 桜に「さくらんぼ」はなるの?” に対して1件のコメントがあります。

  1. MIE より:

    私も、子供の頃に桜とさくらんぼは同じだと思っていました。
    色々調べると、食用と観賞用の違い、見た目も違うと言うことがわかり、同じバラ科サクラ属でもたくさんの品種があるのだと知りました。

    今年の花見は楽しみですね。\(^_^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です