3月22日 は”世界水の日” 日本では気付けない水の大切さ


世界水の日は”3月22日”

1992年12月に国連によって、 3月22日 を「世界水の日」と制定されました。

スポンサーリンク



水の大切さと重要性を、安全性について世界各地で改めて考えることを目的としています。

3月22日

 

日本は水が綺麗、だから気が付けないこと

日本国内では上水道が完備されているため、どこでも蛇口をひねれば綺麗な水道水を手に入れる事ができます。

それにも関わらず、ペットボトルの水を購入する人もいて、日本では水を選べる自由があります。

3月22日

しかし、世界では汚れた水しか飲む事ができない人々がいます。

世界人口の約1割の人たちが、こうした劣悪な環境で生活せざるを得ない実態があります。

3月22日

また、日本はトイレですらとても衛生的で、ウォシュレットやトイレットペーパーを常用します。

このような日本の環境はとても恵まれており、世界人口の3割が不衛生なトイレの使用を強いられています。

上下水道のインフラが整っている日本の当たり前は、世界では当たり前では無いのです。

清潔な水が家庭に届くために、莫大な予算がかかる

家庭で綺麗な水が使えるようになる前提として、綺麗な水を作れる設備を整える必要があります。

川から水を引っ張ってきたとしても、微生物や病原菌がいるため、生活排水に利用できたとしても飲料水としては使用できません。

そのため、水を消毒するための施設が必要になります。

3月22日

スポンサーリンク



次に、水を引くための配管などのインフラが必要になり、さらに、汚染水を浄化する施設も作らなければなりません。

水はサイクルするため、汚染水が清潔にならない限り、かならず人体に影響を及ぼします。

3月22日

全ての環境が整って、初めて清潔な水が家庭に届けられます。

しかし、それには上記の施設が必要で莫大な予算がかかるため、貧困国では現実的ではありません。

貧しい国に直面する水の問題

水は飲料水だけでなく、野菜などの食料の生産にも欠かせません。

地域によっては、毎日井戸から限られた水を運んで使用することしか出来ず、干ばつや日照りなどでは農作物に致命的な被害が出てしまいます。

3月22日

また、農作物を綺麗にしたり、加工する工場などでも水を使用しますし、病院で医療器具を洗浄するためにも使われます。

水は量もさることながら、質も重要となります。

人間らしい生活をするための全ての基本が、水から成り立っていると言っても過言ではありません。

3月22日

(写真:Free the children

世界では、汚染水のために命を落としていく人もたくさんいます。

綺麗な水を作れる環境が世界中に配備されることが急務だと言えます。

また、人間のせいで汚れてしまった水を浄化し自然に戻す事が、人間が地球の一員としての責任ではないでしょうか。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です