3月21日 は”春分の日” “酒風呂の日”


春分の日は”3月21日”

2018年 3月21日 は春分の日となっており、国民の祝日とされています。

スポンサーリンク



3月21日

春分とは二十四節の一つで、太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになりますが、実際は昼の方がやや長いものとされています。

この日から夏にかけて、昼の時間が長くなり、夜の時間が短くなる季節の変化の兆候を感じられます。

また、天文学的には日にちにズレが生じるため、3月20日の年もあります。

また、春分の日は生物を慈しむ日とされており、春分の日の前後三日間である春のお彼岸は、先祖を供養するためにお墓参りをすることも多くあります。

詳しくは3月18日の「春のお彼岸入り」をご覧ください。

 

酒風呂の日は”3月21日”

株式会社高橋助作酒造店によって、3月21日を「酒風呂の日」と制定されました。

スポンサーリンク



3月21日

酒風呂の日は春分だけでなく、四季の節目の、夏至、秋分、冬至にも酒風呂に入り、季節の変化で体調を崩す事なく健康促進をはかることが目的とされています。

酒風呂より柚子湯がメジャーですが、酒風呂は手軽に温まる事ができ、体の内側から効いてきます。

更に、新陳代謝が良くなり保湿効果もあるため、美肌効果もあります。

3月21日

三月ですが、三寒四温と言われるように、寒かったり暑かったり不安定な季節が続きます。

体調を崩さないように、体の芯から温めておきたいですね。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です