3月20日 は”電卓の日” 電卓を使った誕生日の当て方


電卓の日は”3月20日”

1974年 3月20日 日本で電子式卓上計算機(=電卓)が販売されて10年の節目を迎えたことに加えて、電卓の生産数が年間1000万台を突破したことから、日本事務機械工業会(現在はJBMIA=ビジネス機械・情報システム産業協会)によって「電卓の日」と制定されました。

スポンサーリンク



3月20日

国産の電卓は東京五輪と同じ1964年に生まれ

1964年3月18日に国産の電卓がSHARPによって開発、販売されました。

3月20日

そのため、3月18日が本来「電卓の日」になる予定でしたが、覚えやすく春の到来と市場の活性化を祝って3月20日に変更されたようです。

電卓戦争を勝ち抜いたのは「CASIO」

1960年代は電子計算機の競争が激しく、各社しのぎを削る争いを繰り広げていました。

値段は数十万円台でしたが、1970年代に突入すると急激な価格割れが起こります。

その中でも、1972年にCASIOの電卓が12,800円と、思い切った価格で発売されました。

3月20日

家庭用向けで卓上における使いやすさと液晶技術が高く、なおかつ低コストであることから、大きな評価を得られました。

なお、1970年代後半に差し掛かると、値段は5000円台に割り込みます。

そのため、多くの企業は電卓事業から撤退せざるを得ませんでした。

電卓の技術は様々な電化製品に応用され、半導体やソーラーパネルなどにも転用されるなど、エレクトロニクス事業の基盤を作りました。

電卓vsそろばん

電卓はコンピューターが計算するため、私のような素人考えでは、電卓の方がそろばんより間違いが少なそうな気がしますが、それでもそろばん派は根強いです。

日本古来から存在するそろばんに慣れ親しんでる方は、電子機器よりそろばんの方が信頼できるのかもしれません。

スポンサーリンク



電卓のメリット・デメリット

3月20日

メリット

・関数や平方根などの複雑な計算ができる

・特別な知識が必要なく、誰でも使える

・計算間違いがない

・軽量かつコンパクトで持ち運び便利

デメリット

・電池が必要

・衝撃に耐えられず故障する場合がある。

・「計算間違いがない」という既成概念から、数字自体の押し間違いに気が付かない可能性がある(検算を怠りがち)

そろばんのメリット・デメリット

3月20日

メリット

・電池不要

・慣れると早く正確に計算できる

・検算を怠らない

・最終的に暗算が出来るようになる

デメリット

・サイズが大きく、持ち運びはやや不便

・間違える事がある

・ある程度の知識が必要で、人を選ぶ

万人に使えるのが電卓、計算を極めたい人はそろばん、なのかもしれませんね。

電卓を使った遊び

電卓を使った遊びは数多くありますが、誕生日を当てる計算というのもあります。

まず相手に電卓を渡し、生まれた月に4を掛け、その答えに9を足してもらいます。

その答えに更に25を掛けてもらい、生まれた日を足してもらいます。

すると不思議な数字が出てくるので、そのタイミングで電卓を引き取ります。

その数字から225を引くと、出てきた数字が誕生日となります。

3月20日

こういった計算も、電卓ならではの楽しみ方ですね。

花見の席で披露してみるのもいいかもしれません。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です