3月17日 は”漫画週刊誌の日” 「少年ジャンプ」の海賊マークの秘密

3月17日 3月

漫画週刊誌の日は”3月17日”

1959年 3月17日 国内初の週刊少年誌が発行され「漫画週刊誌の日」と制定されました。

スポンサーリンク



初めて発行されたのは講談社の「少年マガジン」と小学館の「少年サンデー」で、「少年マガジン」は一冊40円、「少年サンデー」は30円となっていました。

3月17日

表紙からわかるように、少年たちに人気のスポーツである野球や相撲の特集が多く掲載され、当時はまだ、漫画作品の掲載は少数でした。

小説作品は数多く掲載され、どちらかと言えば漫画雑誌ではなく「小説雑誌」に近いジャンルと言えます。

映画「三丁目の夕日」で登場する「茶川先生」は漫画雑誌のライターでしたが、小説に強いこだわりを持っていたことから、当時は漫画派と小説派で分かれていたと考えられます。

現在の週刊少年誌

現在は「週刊少年ジャンプ」「週刊少年マガジン」「週刊少年サンデー」「週刊少年チャンピオン」の4つが発行されています。

発売日はジャンプが月曜日、マガジンとサンデーが水曜日、チャンピオンが木曜日となっています。

週刊少年ジャンプ

週刊少年ジャンプは1968年に創刊し、2017年の年間平均発行部数は約185万部と、週刊少年誌では1位を記録しています。

創刊当時は「少年ジャンプ」で月2回発行されていましたが、1969年から週刊化され「WJ(ウィークリージャンプ)」として、週刊少年ジャンプとなりました。

マガジンとサンデーより後に創刊された少年誌で「努力・友情・勝利」をコンセプトにしています。

3月17日

創刊時に連載されていた永井豪氏の「ハレンチ学園」は大ヒットしたものの、同作品では性的表現が多く「スカートめくり」が社会問題となるほど影響を与え、PTAから問題視されていました。

少年誌で扱うべきかどうかを審議された後、人気を惜しまれつつ終了に至りました。

しかし、その後も大ヒット作品が次々と生まれ「ど根性ガエル」や「マジンガーZ」といった人気作品を多く抱える週刊誌となり、1970年始めには発行部数一位を記録していたマガジンを追い越しました。

1976年に警察漫画の「こちら葛飾区亀有公園前派出所」は、2017年まで連載が続き、「全200巻 1960話」は少年誌最長連載記録としてギネスブック認定されています。

また、1980年代に連載が開始した「Dr.スランプ」の作者である鳥山明氏は、次回作の「ドラゴンボール」が驚異的なヒットを記録し、海外にも「MANGA」という日本の文化の認知度を高めることに大きく貢献した作品です。

3月17日

さらに、1995年には年間平均発行部数が653万部を記録し、この記録もギネスブックに認定されています(この時期を『ジャンプ黄金期』と呼ばれています)

しかし、人気作品であった「ドラゴンボール」や「スラムダンク」が1990年代後半に相次いで連載終了したため、1998年には年間平均発行部数が360万部まで激減し、マガジンと首位が交代しました。

現在では、1997年に連載開始した「ワンピース」を筆頭作品とし、2002年再び首位に返り咲いています。

また、ジャンプではメディアミックスも多く取り入れており「遊戯王カード」など、作品の中で登場したオリジナルのゲームが独立し、人気を博している例もあります。

週刊少年マガジン

2017年の週刊少年マガジンの年間平均発行部数は約90万部と、週刊少年誌では2位を記録しています。

創刊当時は木曜日発売でしたが、現在は水曜日発売となっています。

また、創刊当時は一冊40円でしたが、サンデーが一冊30円に価格設定をしたため、それに習い30円に変更しました。

3月17日

漫画週刊誌ではサンデーとともに時代を築きました。

サンデーの人気に押され鳴かず飛ばずの時期はありましたが、「巨人の星」や「あしたのジョー」などのスポーツ漫画が大ヒットしたため、マガジンは急成長します。

その後はスポーツ以外のジャンルも増え「天才バカボン」や「ゲゲゲの鬼太郎」といった強力なラインナップが揃いました。

かつて手塚治虫氏はマガジンで「W3」を連載していましたが、サンデーに移籍したため、マガジンは路線を変更し、やがて「格闘漫画」や「不良漫画」などバイオレンスを描く作品が増え「不良が好きな漫画」というイメージが定着します。

その中でもボクシング漫画の「はじめの一歩」は、1989年から現在も連載されている長寿漫画となっています。

スポンサーリンク



1992年から2001年まで探偵漫画の「金田一少年の事件簿」が連載し、格闘・不良漫画とは全く別のジャンルを取り入れ、現在では「マガジン=不良漫画」のイメージが無くなりつつあります。

また、教師漫画の「GTO」などドラマ化された作品も数多くあります。

週刊少年サンデー

2017年の週刊少年サンデーは、年間平均発行部数は約31万部と、週刊少年誌では3位を記録しています。

サンデーは水曜日発売ですが、タイトルは「Sunday」となっています。

この理由は「日曜日のように楽しい気分になれるように」というコンセプトのもとで、タイトルが決定されました。

3月17日

創刊当時はギャグ路線の作品が多く、代表作は赤塚不二夫氏の「おそ松くん」や藤子不二雄氏の「おばけのQ太郎」です。

少年マガジンとの売り上げを競っていたものの、その軍配は少年マガジンに上がりました。

特撮を多く取り扱い「ウルトラマンタロウ」や「ゲッターロボ」といった「親子で楽しめる」ことをコンセプトにし、販売層の路線変更をしました。

しかし、今までの読者層が年を取るにつれて高齢化したため、少年層は「少年ジャンプ」へ次々と移行しました。

またしても路線変更を余儀なくされたサンデーは、他には無い特色を作るため「ラブコメ作品」を多く扱うようになります。

その結果「うる星やつら」や「タッチ」といった大ヒット作が生まれました。

現在では「名探偵コナン」を筆頭作品とし、連載1000話を突破する偉業を成し遂げました。

漫画は海外でも大人気

漫画は国外では「COMICS」として存在しますが、海外でも日本の漫画は人気が高いです。

そのため「MANGA」は世界共通語になりつつあります。

3月17日

先述した「ドラゴンボール」では特徴的なキャラクターが多く存在し、海外では登場キャラになりきるコスプレがブームとなっています。

日本人が海外に渡航した際に「MANGA」の話をするとフレンドリーに打ち解けてくれるケースもあり、コミュニケーションツールにもなっています。

ジャンプのシンボルマークが海賊である意味

週刊少年ジャンプのロゴマークには海賊が使われています。

3月17日

これは、創刊当時のスタッフが「少年漫画誌の世界に乗り出す」ということから、「荒波に乗り出す海賊」の意味合いを込めて、海賊が採用されました。

さらに、この海賊マークは横向きにすると少女の顔になります。

3月17日

これには「女の子も楽しめる少年誌」という理由が含まれているようですが、後付けの可能性もあります。

なお、海賊漫画の「ワンピース」では、作者の尾田栄一郎氏がジャンプのシンボルマークを見て、海賊漫画を始める経緯となったそうです。

3月17日

今も昔も、子供たちに愛される漫画週刊誌。

体は大人になっても、心はいつまでも少年であり続けたいですね。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメント

タイトルとURLをコピーしました