3月14日 は”ホワイトデー” 「ブラックデー」とは何か?


ホワイトデーは”3月14日”

1978年「全国飴菓子工業協同組合」がホワイトデーを制定し、1980年 3月14日 に第一回が行われました。

スポンサーリンク



ホワイトデーでは「バレンタインデー」に貰ったチョコレートに対し、お返しのプレゼントをするという日本でもメジャーな記念日です。

3月14日

また、 3月14日 は「国際結婚の日」でもあり、1873年に国際結婚を認めることを明治政府が容認した日でもあります。

ホワイトデーの由来

上記に「全国飴菓子工業協同組合」がホワイトデーを制定したとありますが、ホワイトデーの由来はそれ以外にもいくつか説が存在します。

不二家とエイワが起源という説

バレンタイデーの風潮が根付いたことを機に、1968年頃からお菓子メーカーが「バレンタインデーのお返しに、お菓子を」とPR活動を始めます。

その活動を更に加速させたのが不二家で「愛にこたえるホワイトデー」というキャッチフレーズを提唱し、マシュマロメーカーのエイワと協力し普及させたという説があります。

石村萬盛堂が起源という説

昭和52年、石村萬盛堂の社長「石村善悟」は「女性がバレンタインデーにチョコレートをプレゼントするのに、男性からお返しがないのは不平等だ」と気付きます。

3月14日

石村萬盛堂では「鶴乃子」という和菓子を作っていますが、鶴乃子のヒントから「優しさの白(マシュマロ)」で包んだお菓子を、お返しのプレゼントにしようと提案しました。

お返しする日を「ホワイトデー」と称し、バレンタインデーの日を逆さまにした「4月12日」か、バレンタインデーの一週間後の「2月21日」か、バレンタインデーの一ヶ月後で、更に店が暇になる「3月14日」が候補に上がりました。

その結果、都合が良い3月14日になったと言われています。

なぜ「ホワイト」?

上述しましたが、石村萬盛堂の場合「優しさ」を意味する白です。

以前は「マシュマロデー」と呼ばれていましたが、「ホワイトデー」と呼び名を変更しました。

3月14日

また、不二家とエイワでは「白は幸福を呼ぶ」から「ホワイトデー」を採用し、全国飴菓子工業協同組合では「飴に使われる砂糖の白さ」から「ホワイトデー」としました。

ホワイトデーのお返しには意味がある?

ホワイトデーのお返しには、それぞれ意味を持つようになりました。

以前は何をプレゼントしても問題なかったのですが、今日ではお返しとして相応しくないものすら存在します。

スポンサーリンク



3月14日

チョコレートやキャンディのお返しは問題ありませんが、クッキーは乾いた食感が「ドライな関係」を連想するため「友達のままで」という意味合いを持ち始めました。

3月14日

更に、ハンカチのお返しは「手切れ(=縁切り)」の験担ぎから「お別れ」を意味するプレゼントになったようです。

3月14日

また、理由は明確ではありませんが、本来のマシュマロをプレゼントすると「嫌い」というニュアンスになってしまうようです。

なぜ嫌いなのにプレゼントするのか矛盾がありますが、例え悪気がなくとも、縁起を気にする相手にお返しをする場合は、避けた方が無難かもしれません。

3月14日

ちなみに、マカロンをプレゼントすると「特別な人」という意味になるようです。

3月14日

また、3月14日が3.14にちなんで、円周率のπを引き合いに「パイ」をお返しするというユニークなプレゼントもあります。

欧米ではホワイトデーは存在しない

前述したように、ホワイトデーは日本独自の文化です。

そのため、欧米でホワイトデーは存在しません。

しかし、近年では中国・台湾・韓国などのアジア諸国では定着しつつあるようです。

「ブラックデー」も存在する?

公式な記念日ではなく、かなりマイナーですが、4月14日に「ブラックデー」と呼ばれる日も近年普及しつつあります。

バレンタインデーやホワイトデーに全く縁のなかった方々が、ホワイトデーの更に一ヶ月後に、黒い服装で黒い食べ物を食べるという新しい風習です。

3月14日

もともとは韓国で始まったようですが、ネガティヴな内容のため、あまり普及はしていません。

まさにブラックジョークですね。

3月14日

人から親切にされたらお礼をする、物をいただいたらお返しをする。

ホワイトデーは、義理と人情を大切にする日本ならではの発想から生まれた記念日です。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です