3月4日 は”バウムクーヘンの日” バウムクーヘンエンドとは?


バウムクーヘンの日は”3月4日”

1919年 3月4日 ユーハイムの創始者であるカール・ユーハイムが、日本で初めてバウムクーヘンを紹介しました。

スポンサーリンク



3月4日

そのことが由来となり、兵庫県にあるドイツ菓子製菓会社の「株式会社ユーハイム」は、2010年に3月4日を「バウムクーヘンの日」と制定しました。

バウムクーヘンの意味

バームクーヘン(=Baumkuchen)とはBaum(=木)kuchen(=ケーキ)の意味となります。

3月4日

その名の通り木を輪切りにしたような形で、断面に樹木の年輪のような模様が浮き出ており、中心部には丸穴が通してあります。この年輪模様からバウムクーヘンの名がつけられました。

製作工程で、薄い生地を芯の棒に何重にも巻いて焼き、最後に芯から抜くため中心部には丸穴が存在します。

3月4日

樹木の年輪には長寿や繁栄など縁起の良い意味が込められており、結婚式の引き出物などにも多く採用されています。

バウムクーヘンの歴史

1919年に、広島県物産陳列館で行われたドイツ捕虜展示即売会が行われ、ドイツ人のカール・ユーハイムがドイツの伝統菓子「バウムクーヘン」を出品したことが、日本国内で初めてとされています。

3月4日

当時は「ピラミッドケーキ」として販売されていました。

以前ユーハイム氏は、1908年に中国(清)の青島にて「ジータス&プランベック菓子店」を譲り受けて独立していました。

1890年代中国にはヨーロッパ諸国の租借地が多数存在し、青島にはドイツの租借地として、多くのドイツ人が住んでいました。そこで、エリーゼ・アーレンドルフと結婚しました。

3月4日

第一次世界大戦が始まり、青島は日本に占領され、1915年にドイツ人捕虜は広島県似島の収容所へ移送されることとなりました。

その時の広島県物産陳列館でバウムクーヘンは大反響で、ユーハイム氏は1922年に横浜で洋菓子店を始めます。

しかし翌年の関東大震災で店を失い、神戸で店を再開したときは、第二次世界大戦で店を失いました。

ユーハイム氏は皮肉なことに、終戦前日の1945年8月14日に夢半ばに亡くなります。

スポンサーリンク



3月4日

あらゆる逆境にも負けず、嫁のエリーゼは夫カールの意思を継ぎ「ユーハイム」の会社会長として大成功を収めます。

本場ドイツでは、バウムクーヘンはポピュラーではない

バウムクーヘンとは、ドイツのお菓子として日本では認知されていますが、本場ドイツではそこまでポピュラーなお菓子ではありません。

その理由はバウムクーヘンの製造方法が特殊だからです。

3月4日

ユーハイム氏は樫の木を使い、くるくると手で回しながら生地を掛けてバウムクーヘンを作りましたが、これは手間と時間がかかり、量産する場合は特殊な機械が必要となります。

一般的な菓子店ではなかなか使われていなかったため、専門店でしか作ることができなかったのです。

美味しいバウムクーヘンの見分け方

一流の職人が作るバウムクーヘンの断面には、多数の穴が空いており、年輪の模様が不恰好です。

3月4日

しかし、生地を作るときに乳化剤を使わないため、年輪の形が悪くなります。

乳化剤は卵と油を簡単に混ぜ、気泡を消す効果があり形は整いますが、職人は乳化剤を使いません。

見た目よりも味を重視するためです。

大きくなった気泡を一つずつひたすら潰し続け、焼きあがるまで手間を惜しみません。

3月4日

なお、乳化剤を使うとドイツでは「バウムクーヘンを名乗ることを許されない」とされています。

バウムクーヘンエンドとは?

「ハッピーエンド」「バッドエンド」などの言葉はよく聞きますが、「バウムクーヘンエンド」とはご存知ですか?

ドラマや漫画などで、とても仲の良い男女が結ばれなかったケースのことを言い、インターネットで作られたいわゆる造語です。

「まるで付き合っているような関係の二人が、どちらか一方に本当の好きな人がいて、最終的にそちらと結ばれ、もう片方は結婚式を祝福した後、家に帰って引き出物のバウムクーヘンを食べる」というストーリーが由来とされています。

ハッピーエンドよりバッドエンドの傾向が強く、バウムクーヘンが引き出物の定番とされているため、このようなエピソードが作られたのではないかと考えられます。

3月4日

最後のエピソードはともかく、バウムクーヘンは日本中で愛されるお菓子の一つです。

ユーハイム氏の苦労が無ければ、今頃普及していなかったことでしょう。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です