3月3日 は”ひな祭り” ひな祭りになぜハマグリを食べる?


ひな祭りは”3月3日”

ひな祭り」とは、 3月3日 に行われる女の子の成長を祈願する、日本で有名な記念日の一つです。

スポンサーリンク



3月3日は上巳(じょうし)の節句(桃の節句)とも呼ばれ、室町時代から暦の節目の一つとして数えられています。

3月3日

節句は一年で5回あり、1月7日(人日の節句)、3月3日(上巳の節句)、5月5日(端午の節句)、7月7日(七夕の節句)、9月9日(重陽または菊の節句)と、邪気を払うと言われている縁起の良い奇数となっています。

奇数の縁起に関しては、1月30日の「三分間電話の日」をご覧ください。

ひな祭りの由来

身分の高い少女の間では、人形を使う「おままごと」が昔から存在しました。これを「ひいな遊び」と呼ばれていました。

さらに、上述した「上巳の節句」には、藁などで作った人形で自分の体を撫で、その人形(ひとがた)を川に流して厄を払う風習がありました。

3月3日

人形には魂が宿ると信じられており、この二つが組み合わさって「流し雛」になりました。

その後、いつしか川に流すのを止め、家に人形を飾るようになったことがひな祭りの由来となっています。

ひな祭りの歴史

現在のひな祭りの形式が取られるようになったのは江戸時代頃ですが、ひいな遊びは平安時代から存在していました。

その様子は「源氏物語」や「枕草子」で確認されています。

3月3日

戦国時代を終え、天下泰平が近付く江戸時代に、京都でひな祭りが壮大に開催されました。

それが地方へ次々と広がり、いつしか少女を祝う風習へと変化していきます。

そしてついに江戸幕府は、上巳の節句にひな人形を飾ることから、3月3日を「少女のための日」として「ひな祭り」としました。

スポンサーリンク



3月3日は、桃の花が咲き始める時期のため、ひな祭りに桃の花が飾られることから「桃の節句」とも呼ばれるようになります。

雛人形の配置は、関東と京都で違う

関東では、左に男雛、右に女雛となっていますが、京都では逆に配置されます。

3月3日

かつて幕府では、左大臣と右大臣が採用されていましたが、左大臣の方が位が高い扱いとなっていました。

これは、玉座は南向きという風習に習い、天皇が玉座に座り、そこから見て太陽が登る方角が左からになるためです。

そのことから、ひな祭りは女の子が主役のため、左に女雛が置かれます。

ちなみに、京都の「右京区」と「左京区」もこれに習い、地図では右と左が逆に記載されています。

右と左の優劣に関しては、2月4日の「西の日」もよろしければご覧下さい。

なぜ、ひな祭りにハマグリを食べる?

ハマグリは、同じ貝の殻でないときちんと合わないため、平安貴族の間で「貝合わせ」という遊びが流行しました。

3月3日

貝殻同士がしっかり合わさることが夫婦円満を連想させるため、とても縁起が良いことから、ひな祭りにハマグリを食べるようになりました。

そのため、ひな祭りだけではなく、良縁に恵まれるように結婚式の御善に出されることもあります。

3月3日

現在でも続くひな祭り。

女性が注目される記念日が、今後もっと増えるといいですね。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です