2月26日 は”二・二六事件”と”脱出の日”


二・二六事件は”2月26日”

1936年 2月26日 に「皇道派」の陸軍将校が首相官邸を占拠し、高橋是清(たかはしこれきよ)、斎藤実(さいとうまこと)ら政府要人を殺害する、いわゆる「二・二六事件」と呼ばれるクーデターが発生しました。

スポンサーリンク



2月26日

陸軍の派閥「皇道派」と「統制派」

皇道派とは「天皇による統治政治を望む」派閥のことで、その考えに反対するものたちは武力で排除する過激な集団のことです。

陸軍には、もう一つの派閥「統制派」と二分していました。

統制派とは「法に則った上で政府に圧力をかけ、軍主導の政治体制を目指す」派閥です。

二・二六事件を起こしたのは皇道派の青年将校で、クーデターを鎮圧したのが統制派です。

これを機に、統制派が政界への影響力を強めていきます。

二・二六事件とは?

1929年に起きた世界恐慌を背景に、その煽りを受けた日本も不景気で、なお大飢饉を迎えていました。

2月26日

「全く改善されない日本経済の原因は、私腹を肥やす天皇側近にある」と考えた皇道派は、国家改造を目指して官僚の高橋是清、斎藤実などを殺害し、永田町を占拠します。

しかし実際は、官僚にそこまで問題があったわけではなく「天皇の側近にあたる人間こそ天皇の信頼を受けている」という根本的なことに気付いていませんでした。

2月26日

「経済を改善できない官僚を殺害することで、天皇陛下はお慶びになる」と勘違いしていました。

しかし、次々と殺害されてしまう政府要人に、天皇は当然激怒します。

昭和天皇は警察や陸軍(統制派)を使い、二・二六事件は2月29日に鎮圧されました。

2月26日

勘違いから始まったものの、目指すものは同じく「生活改善」であったため、皇道派の投降を促されました。

自首する者もいましたが、事の大きさに後に引けなくなってしまった者二名が自害しました。

ちなみに1941年に首相となった東条英機は、統制派に属しています。

五・一五事件との関連

よく比較される「五・一五事件」ですが、五・一五事件は二・二六事件の四年前である1932年に起こりました。

両方の事件に共通点があり、共に軍人が起こした事件であるということです。

さらに、二つの事件の違いを簡潔にまとめると、五・一五事件はテロ行為、二・二六事件はクーデターであると言えます。

2月26日

また、五・一五事件で犬養毅首相が殺害されましたが、大罪であるにも関わらず、実行犯に厳罰はありません。

この事件をきっかけに次期首相となったのは、二・二六事件で殺害される海軍出身の斎藤実です。

軍部が権力を持つことは、如何に恐ろしいことか伺えます。

不安定からくる疑心暗鬼

1929年に世界恐慌を迎え、世界中が不安定な暮らしを余儀なくされていました。

五・一五事件も二・二六事件も、根底は「どうにかして今の日本を良くしたい」という共通の意志がありました。

しかし、その意志を軍事力で示した軍人たちは、やはり疑心暗鬼ゆえの発想だったと考えられます。

当時の日本は財政が逼迫していたため、心に余裕のある日本人は少なかったと推察できます。

2月26日

もし経済が安定していたら内紛は起きません。豊かさは安心・安定を生みます。

「二・二六事件」を通して、海外で頻発するテロ行為の背景には「どんな疑心暗鬼の種が存在するのか」を考えられる機会になるでしょう。

 

脱出の日は”2月26日”

1815年 2月26日 、常勝不敗の名将「ナポレオン・ボナパルト」が流刑先のエルバ島を脱出しました。

スポンサーリンク



2月26日

そのことが由来となり、2月26日を「脱出の日」とされています。

百戦錬磨の名将・ナポレオン

ナポレオンは立身出世を繰り返し、軍人からフランス皇帝へ登りつめました。

幼少期から「雪合戦」の戦略がとても長けていて、その頃から才能の片鱗が伺えたようです。

戦争をすれば負け知らずで、他国はナポレオンがいつ侵略戦争を仕掛けてくるか、恐怖を感じていました。

ロシア遠征での失態

連戦連勝の勢いに乗り、ナポレオンはロシアへ進軍します。

しかし「焦土作戦」というロシア特有の領土を生かした戦法に、60万人いたフランス軍兵士のうち、生存者2万人という大敗を喫しました。

2月26日

失脚したナポレオンと、崩れたフランスに畳み掛けるように、オーストリア・プロイセン軍などの連合軍により、フランスは包囲され、ついに首都パリは陥落しました。

ナポレオンは責任を取らされ「フォンテーヌブロー条約」のもと、1814年にエルバ島へ流刑とされました。

英雄・ナポレオンの脱出を待望するフランス国民

フランスは王政復古し、ナポレオンの後任としてルイ18世が実権を握ります。

2月26日

しかし、悪政が続き国民の不満が増大し、国民は「ナポレオン復帰」を待望します。

一方のヨーロッパ諸国は、ナポレオンの戦後処理をウィーン会議で話し合います。

2月26日

しかし「会議は踊る、されど進まず」と風刺されていたように、自国の利益ばかり主張し一向に進みません。

その二つの機会を逃さなかったナポレオンは、流刑先のエルバ島を1815年2月26日に脱出し、再びフランス皇帝へ返り咲きます。

ワーテルローの戦い

フランスでは、ルイ18世から再びナポレオンへ実権が移りました。

フランス国民が望むのは、もちろん強国フランスの再建でしたが、ヨーロッパ諸国はナポレオンを警戒しています。

それでも、人々の期待を背負うナポレオンは再び戦場へと繰り出しました。

2月26日

しかし、イギリス・オランダ・プロイセン連合軍と、フランス軍による「ワーテルローの戦い」で、ついに敗戦します。

これがナポレオン生涯最後の戦いとなり、責任を取らされたナポレオンはセントヘレナ島へ流刑となりました。

「余の辞書に不可能の文字はない」

ナポレオンを象徴する名言ですが、「不可能は小心者の幻影であり、権力者の無能の証であり、卑怯者の避難所である」という前置きが存在します。

この言葉は、不可能とは逃げの言葉であると批判するとともに、自分はこうあってはならないという叱咤激励の座右の銘であると考えられます。

「不可能とは自分で作り出す限界なので、可能にする方法を考えるべきだ」と解釈が出来ます。

数々の不可能や逆境を乗り越えてきたナポレオンだからこそ、説得力のあるフレーズですね。

2月26日

2月26日は、国内外問わず、政治に関わる重大事件が起きました。

きな臭さと陰謀が巡る2月26日に、歴史の胎動を感じざるを得ません。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です