2月24日 は”クロスカントリーの日” ウィンタースポーツの王様

2月24日 2月

クロスカントリーの日は”2月24日”

1977年 2月24日 イギリスでクロスカントリーの統一ルールによる大会が初開催されました。

スポンサーリンク



2月24日

それを記念して、2月24日を「クロスカントリーの日」として制定されました。

クロスカントリーは、雪上に作られたコースを、スキーとポールを使って競い合う競技です。

クロスカントリーとは?

クロスカントリーとは「ノルディックスキー」の一種で、 雪山を走る競技です。

たびたび、スキーを使って坂道を登っているシーンが中継されていますね。

2月24日

クロスカントリーは古くから歴史があり、紀元前2000年頃には、スキーの原型が既に使われていたとされています。

スウェーデンやノルウェーなどの北欧を中心に発展し、やがて移動手段からスポーツやレクリエーションへと変化し、1924年ついにオリンピック種目となりました。

コースは多種多様で、林間や山間部、市街地なども使われ、雪のある場所がコースとして使用されます。

そのため、スピードよりも長距離を滑走する持久力と技術が重視されます。

クロスカントリーは耐久レース、長距離競技、リレーと分けられており、雪の積もった野山を走るため、冬のスキー競技の中でも特に持久力が必要とされています。

二つの走法とルール

クロスカントリースキーは雪上での移動手段としてはじまったスポーツです。

よって“スキーの原点”という考え方のため、種目ごとに走法が決められています。

クロスカントリースキーには大きく分けると二つの走法があります。

クラシカル走法とスケーティング(フリー)走法です。

スポンサーリンク



2月24日

クラシカルは雪上につけられた二本の溝の上を滑ります。

2月24日

一方、スケーティングは交互に足を開いて進む走法です。そのためクラシカルでは、スケーティング走法は禁止です。

そしてコースの前半と後半で「クラシカル」と「フリー」を組み合わせた「パシュート」などもあります。

クロスカントリーのコース

コースは基本的に男子の方が長い距離のレースとなります。

長距離レース

男子=10~15キロメートル

女子=5~10キロメートル

耐久レース

男子=30~50キロメートル

女子=15~30キロメートル

スキー競技は大半が滑り降りるスポーツですが、クロスカントリーは地形を生かしたスポーツなので登りもあります。

2月24日

アップダウンの激しいコースが多く、「フリー」でも下り坂には溝がつけられています。

2月24日

まだまだ寒さが残りますが、2月も終盤に入り、ウィンタースポーツが出来る期間も少なくなってきました。

この機会にクロスカントリーに注目してみるのもいかがでしょうか?

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメント

タイトルとURLをコピーしました