2月23日 は”富士山の日” 富士山は何県にある?

2月23日 2月

富士山の日は”2月23日”

1996年1月「山の展望と地図のフォーラム」が 2月23日 を富士山の日として制定しました。

スポンサーリンク



2月23日

これとは別に、山梨県河口湖町が2001年12月に、静岡県が2009年12月に富士山の日を制定しています。

お気付きの方も多いかと思いますが、富(=2)士(=2)山(=3)の語呂合せが由来となっています。

さらに、この時期は空気が澄んでおり、富士山がよく望められることも一因となっています。

富士山は何県にある?

富士山といえば日本で一番高い山ですが、富士山は何県にあるか存じない方は少なくありません。

富士山は静岡県(富士宮市、裾野市、富士市、御殿場市、駿東郡小山町)と山梨県(富士吉田市、南都留郡鳴沢村)にあります。

二つの県をまたがってそびえ立ちます。

富士山の日の目的

2月23日

2001年に富士山の日を制定した山梨県では「富士山の恩恵に対する感謝を表すとともに、富士山の環境保全並びに観光資源としての重要性を認識する機会」を目的としています。

2009年に富士山の日を制定した静岡県では「県民が富士山について学び、考え、想いを寄せ、富士山憲章の理念に基づき、後世に引き継ぐことを期する日」を目的としています。

また、他の富士山の日と差別化するために「静岡県富士山の日条例」を制定しました。

それに倣ったのか、2011年に山梨県では「富士山の豊かな自然及び美しい景観並びに富士山に関する歴史及び文化を後世に引き継ぐことを期する日」を目的に「山梨県富士山の日条例」を制定しました。

両県とも富士山を大切に考えているんですね。

富士山は所有物

富士山は日本のもの、と考えてしまいそうですが、実は八合目から上は私有地となっています。

浅間神社が所有しており、浅間神社の総本宮は「富士山本宮浅間大社」です。

スポンサーリンク



2月23日

浅間神社と富士山の結びつきは古く、1606年に徳川家康から寄進されたという記録があります。

しかし、1871年に国有化したのち、太平洋戦争以降に国有地された土地がそれぞれ所有者へと返還されたものの、富士山頂だけは返還されませんでした。

1974年の最高裁の判決で浅間神社の所有地と認められましたが、今度は富士山がまたがる静岡県と山梨県の県境が不明確なため、登記できませんでした。

その後、2004年にようやく富士山頂は元の所有者へと戻りました。

竹取物語に出てくる「不死山」が由来となって富士山になった

竹取物語では、かぐや姫が月に帰る前に帝に渡した「不老不死の薬」は、生きる希望を失った帝が、日本で一番高い山の山頂で焼いたという伝説が残っています。

2月23日

その「不老不死の薬」の由来から「不死山」と呼ばれるようになり、鎌倉時代以降は「富士山」となったとされています。

また、諸説ありますが、中国の始皇帝が探し求めていた不老不死の薬が日本にあるという噂を聞きつけて、臣下の徐福を日本に仕えさせたという記録も残っています。

徐福は日本中を旅して不老不死の薬を探しますが、最後に辿り着いた場所が富士山だったとされ、富士吉田市には徐福の墓が残されています。

2月23日

富士山は日本の象徴の一つで、数々の伝説が富士山によって生まれました。

近年では富士山のゴミ問題など、汚点が取り沙汰されています。

美しい富士山を残して、日本の歴史を守りましょう。

トップページに戻る→

スポンサーリンク



コメント

  1. MIE より:

    そういえば富士山といえば山梨県?静岡県?で競ってましたね

タイトルとURLをコピーしました