2月22日 は”猫の日” 肉球には秘密がある


猫の日は”2月22日”

1987年に「ペットフード協会」が 2月22日 を猫の日として制定しました。

スポンサーリンク



2月22日

「2月22日(=ニャンニャンニャン)」の語呂合せが由来となっていますが、全国の公募で決定しました。

なお「犬の日」は11月1日となっています。(1月11日ではありません)

猫の身体能力

猫は肉食動物のため、ハンティング能力に長けています。

2月22日

目の位置が内側にあり、獲物を立体的に捉えるための構造となっています。

そのほかに、狩りに必要な能力を様々備えています。

1.スピード

2月22日

最高速度は時速48km/hで走ります。

人類最速のウサインボルト選手が44km/hという統計が出ているので、そのスピードは圧巻のものです。

2.跳躍力

2月22日

跳躍力は、およそ体高の5倍程度と言われており、垂直跳びで換算すると約150cmです。

NBAマイケルジョーダン選手の垂直飛びが117cmなので、猫の足には物凄いバネがあります。

また、数十メートルの高さから飛び降りても生きていた猫が存在するようです。(個体差があるため、すべての猫に当てはまるわけではありません)

猫が高いところから飛び降りた時は、とっさにムササビのような姿勢をとって落下速度を調整し、足から着地します。

3.聴力

2月22日

人間は2万Hzまでの音を聞き分けることができるとされていますが、猫の場合は10万Hzまで聞き分けることが出来ます。

それにより、ネズミの出す超音波も聞き分けることができるため、ネズミを捕獲することができます。

また、猫は男性が発する低音より女性の柔らかい高音を好むようです。

肉球の意味

肉球は、歩くときの衝撃を和らげる効果があります。そのため、生まれたての猫の肉球は柔らかく、歩き始めることによって少しずつ硬く鍛えられていきます。

2月22日

肉球は非常に厚くできており、その奥に血管や神経があるため、裸足でも冷たさを感じません。

また、肉球を持つ動物は肉食動物です。

これは、獲物に接近するときに気付かれないためのサイレンサーの役割にもなっています。

さらに、肉球には汗腺が通っており、飛び移ったときのスリップ防止の役目も果たしています。

「ターキッシュバン」は水が好き

猫の大半は水が嫌いとされていますが、トルコの「ターキッシュバン」は、水が得意とされています。

2月22日

スポンサーリンク



ターキッシュバンの体毛は、一般的な猫のそれとは違い、耐水性があるためです。

そのためターキッシュバンは、猫なのに泳ぐことも得意です。

猫の習性

猫には他の動物とは違う変わった習性があります。

2月22日

体をこすりつける行為

猫は自分の体をこすりつけてマーキングしますが、これは自分の匂いをつけて、縄張り意識を持つ習性があるからです。

2月22日

また、人間に体をこすりつけてくる場合は、自分の知らない匂いだと落ち着かないため、匂いの分泌腺がある顎や頬をこすりつけて安心しています。

それ以外には、ご飯やおねだりをするときも体をこすりつけてきます。

ゴロゴロと喉を鳴らす

猫がゴロゴロと喉を鳴らすのは、骨の状態や自然治癒力を高めるためだとされています。

2月22日

ゴロゴロの音の周波数は、骨密度を高める波数と同じで、この音を出すことで健康を保とうとしています。

そのため、具合が悪い時はゴロゴロと音を出し、体調を整えようとしています。

それ以外にはコミュニケーションにも使われていて、機嫌が良いときにもゴロゴロと音を出します。

猫の尻尾

猫の尻尾は感情をわかりやすく表現しています。

2月22日

尻尾を垂直に立てているときはご機嫌で、尻尾がだらんと垂れ下がっている時は不機嫌、左右にバタバタと振っている時はイライラしています。

また、尻尾の毛が逆立っている時は臨戦体制に入っていて興奮状態なので、そっとしてあげましょう。

とても珍しいオスの三毛猫

三毛猫自体が生まれにくく「招き猫」など、三毛猫は幸運の象徴としても扱われています。

2月22日

猫の毛は両親の遺伝を引き継ぎますが、オレンジ色と黒色の混合が生物学上なかなか出現しません。

さらに、染色体異常で生まれるオスの三毛猫は、約3万分の1の確率と言われています。

「猫舌」の由来

熱いものが食べられないことを「猫舌」と言いますが、実際に猫が温度を感じているのは鼻とされています。

2月22日

火を起こす動物は人間だけなので、猫以外の動物も熱い食べ物は苦手です。

ではなぜ「猫舌」という言葉が生まれたのかというと、猫は昔から人間と一緒に暮らしており、人間の料理を食べるチャンスが他の動物より多かったためです。

猫は本来、ネズミを駆除するために飼われていましたが、一生懸命に頑張る猫に愛着が湧き、人間の温かいご飯を分けてあげたら食べられなかったことが由来となっています。

そのため、対義語のような「犬舌」という言葉は存在しません。犬でも熱い食べ物は食べられません。

2月22日

最近、少しずつ野良猫が減ってきました。

猫と人間が仲良く暮らせる世の中になるといいですね。

トップページに戻る

スポンサーリンク



2月22日 は”猫の日” 肉球には秘密がある” に対して1件のコメントがあります。

  1. MIE より:

    私は猫が大好きです。❤
    癒されます。
    人間の言葉がわかってるんじゃないかと思うくらいに話しかけるとニャーと返してくれますよ。
    子供の頃に三毛猫を飼ってました。
    メスでしたが、いつの間にか今は真っ白な猫になってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です