2月20日 は”アレルギーの日” アレルギーの日の由来とは?


アレルギーの日は”2月20日”

1966年 2月20日 免疫学者である石坂公成・照子夫妻が、ブタクサによる花粉症の研究をしていたところ、アレルギーを引き起こす要因の「免疫グロブリンE(lgE)」を発見しました。

スポンサーリンク



2月20日

「日本アレルギー協会」はその発見を記念し、1995年に 2月20日 を「アレルギーの日」と制定したことが由来とされています。

また、前後一週間を「アレルギー週間」としています。

なぜアレルギーになるのか

アレルギーの代表格といえば花粉症ですが、昔は花粉症の人が少なかったとされています。

それは、今と比べて不衛生な場所が多かったため、自己の免疫力が花粉以外の不衛生なものに対して、しっかりと働いていたからです。

2月20日

今はどこへ行っても衛生的になった一方で、体が少しでも不純物を感知すると過敏に反応してしまうようになったから、花粉症を始め、アレルギー持ちの人が増加しました。

綺麗にしすぎることが問題になるとは、人間の体は不便ですね。

アレルギーの仕組み

アレルギーとは人間の免疫システムが暴走してしまい、過剰に守ろうとする反応のことです。

身の回りには細菌やウイルス以外に、花粉やほこりなど様々なアレルギー物質が浮遊しています。

2月20日

人間の体には、体外物質を排除しようとする機能が備わっているので、それが免疫力として体を守ります。

しかし、実際にはさほど体に害を及ぼさない花粉なども、一括りに体外へ排除しようと過敏に反応してしまい、「ヒスタミン」や「ロイコトリエン」などの炎症物質を放出し、アレルギーとなります。

ちなみに、アレルギー性皮膚炎とアトピー性皮膚炎は別物で、アレルギー性は特定の物質に過敏に反応し炎症を起こしますが、アトピーは皮膚が弱く、様々な外的刺激によって発症するものです。

一方で、免疫力が低下して感染症にかかりやすくなってしまうのが後天性免疫不全症候群(=AIDS)です。

エイズに関しては12月1日「世界エイズデー」の記事も御覧ください。

スポンサーリンク



どのようなアレルギーがあるか

アレルギーは、アレルゲンと呼ばれる抗原が体内に侵入することによって起こります。

吸入性には、ほこり、かび、ダニ、花粉などがあります。食物性には、卵、乳製品、そば、落花生やカシューナッツ、甲殻類、やまいも、オレンジなど様々です。

2月20日

それ以外に、摂取するわけではなく接触するだけでアレルギーを引き起こすアレルゲンの、金属、うるし、ラテックス、洗剤などもあります。

ここまで多いと何に注意すれば良いのかわかりませんね。

アナフィラキシーとアレルギー

アナフィラキシーとは短時間に発症するアレルギー反応の一種で、アレルゲンを体内に取り込むことで起こり、最悪の場合は死に至るケースがあります。

2月20日

アナフィラキシーは、肺や循環器などの臓器に直接作用を及ぼし、血圧低下や意識障害、じんましんなどを引き起こします。

よく知られているのは、蜂に刺されて死に至るケースが「アナフィラキシーショック」と言われるもので、蜂毒の場合は体内に直接入るために、すぐに反応が起こります。

そばや卵などの食べ物によるアナフィラキシーもありますが、こちらの場合は消化する時間がかかるため、30分ほどタイムラグがあります。

万が一アレルゲンが体内に取り込まれてしまった場合、急いで医療機関に受診しましょう。

アレルギー対策

まずは医療機関で体のアレルギー反応を調べ、アレルゲンを摂取、または接触しないことで防ぐことができます。

吸入性の場合、ハウスダストやカビはこまめに掃除することで防ぐことができますが、花粉に関しては対策が必要となります。

アレルギーはTh1細胞とTh2細胞の免疫バランスが崩れると発症すると考えられていますが、ヨーグルトやバナナには免疫バランスを整える効果があるとされています。

しかし、乳製品やバナナにアレルギーがある人には有効ではないので、注意してください。

2月20日

そろそろ花粉が飛び交う季節になりました。

アレルギーと日本は切っても切れない関係にあるため、如何にして付き合うかが重要になりますね。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です