2月16日 は”寒天の日” 寒天とナタデココの違い


寒天の日は”2月16日”

2005年 2月16日 NHK「ためしてガッテン」にて、寒天の特集が行われました。

スポンサーリンク



2月16日

このテレビ番組で大々的に取り上げられたことが寒天ブームの火付け役となり、放送された2月16日を「寒天の日」としたことが由来となっています。

なお、「寒天の日」は長野県にある茅野商工会議所と寒天加工業協同組合により制定されました。

寒天とは?

2月16日

寒天とは、天草、オゴノリなどの紅藻類を凍結し、乾燥させたものです。

乾燥した天草を冷やしたり、沸騰させたりする行程の後、こんにゃくのようにゲル化します。

2月16日

寒天がゲル化したら、85℃以上の熱が加えられないと溶けないため、プルプルとした形状を維持することができます。

ゼラチンと似ていますが、ゼラチンの原料は牛や豚などの動物から作られるもので、本質から異なります。

また、寒天は紅藻類を原料としているため、食物繊維が豊富で、ダイエットや便秘解消に良いと言われています。

寒天は「ところてん」から出来たもの

寒天は「ところてん」から派生して偶然出来た産物でした。

2月16日

ところてんは遣唐使によって中国から伝来し、平安時代に食されたものですが、寒天は江戸時代初期の17世紀に誕生しました。

1685年、京都にある「美濃屋」の主人「美濃太郎左衛門」が、冬にところてんを屋外に処分したら、寒さで凍結し白く乾燥していました。

これでところてんを作ってみると、特有の磯臭さがないところてんが出来上がりました。

そこで、日本黄檗宗(おうばくしゅう)の開祖「隠元」に試食してもらうと、萬福寺の精進料理として採用されることになりました。

2月16日

スポンサーリンク



この新しいところてんの名称を尋ねられたとき、ところてんを寒空に晒したことで完成したから「寒晒し・心太(かんざらし・ところてん)」が由来となり、略して寒天となりました。

寒天は乾物となったところてんなので、日持ちするうえ、持ち運びに便利なため、19世紀以降からは輸出品としても利用されました。

大阪港に寒天を集めて輸出されていたため、現在でも大阪府高槻市では寒天の名産地としてPRされています。

寒天と「ナタデココ」の違い

前述したように、寒天は天草や紅藻類が原料となっていますが、ナタデココはココナッツのエキスに、ナタ菌を混ぜて発酵させたものです。

2月16日

どちらもスイーツのアクセントとして使えますが、ナタデココは既に白く着色されているのに対し、寒天は製造段階で着色出来るという違いがあります。

また、ナタデココはココナッツの風味がありますが、寒天は混ぜる水分で味を変化させることができます。

用途によって和風にも洋風にも変化させられるので、寒天には汎用性があると言えます。

2月16日

ちなみに、ゼリーは動物から採れたゼラチンを固めたもので、原材料が違います。

寒天はダイエットにいい?

寒天は、約80%以上が食物繊維でできています。これは他の食品には例がありません。

2月16日

食物繊維は体内に吸収される成分では無いため、体内にある余計なものを排出してくれる性質があり、生活習慣病や、がんなどの予防に役立つとされています。

また、食物繊維を摂取することで血糖値の上昇を抑え、コレステロールを排出し、便秘の解消やダイエットの効果も期待できます。

一方で、寒天の性質はそもそも水分を吸収して固まります。

そのため、体内の水分を吸収して余計に便を硬くしてしまうこともあります。

食物繊維であるものの、寒天の性質によって、かえって便秘を引き起こしてしまうこともあります。

2月16日

何事にも言えますが、摂取し過ぎは逆効果なので、寒天はデザート感覚で食べるのがちょうど良いと考えられます。

汎用性が高い食べ物なので、色々なアレンジレシピに加えてみるのもいいですね。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です