2月15日 は”春一番名付けの日” 夏・秋・冬一番が無いのはなぜ?


春一番名付けの日は”2月15日”

1963年 2月15日 朝日新聞で「春の突風」の記事が掲載されたことが由来となり、 2月15日 は「春一番名付けの日」とされてました。

スポンサーリンク



2月15日

本来「春一番」とは船乗りが使っていた言葉で、とある事故がきっかけとなってから広く認知され、現在では気象用語としても使用されるようになりました。

春一番の名前の由来は漁師から

1859年2月13日に長崎県 壱岐郡 郷ノ浦町(いきぐん ごうのうらちょう)の漁師53名が、五島沖で突風を受け船が転覆し、亡くなりました。

それ以来、春先に吹く強風を漁師たちは「春一」「春一番」と警戒し、それが徐々に浸透していきました。

2月15日

(写真提供:壱岐観光ナビ

現在、被害にあった漁師たちが住んでいた郷ノ浦町の岬には「春一番の塔」が建てられています。

春一番とはどんな風?

2月15日

春一番には定義があり、北日本と沖縄を除く、立春(2月4日・5日頃)から春分(3月20日・21日頃)の期間中に初めて吹く、風速8m/s以上の南寄り(東南東から西南西)の強風です。

この期間内に春一番の条件を満たした強風は、順番に「春二番」「春三番」と呼ばれることもあります。

しかし、期間外に発生した場合は春一番と認められません。

日本海で発生した低気圧に向かって、太平洋側の高気圧が移動するため、春一番が吹く日は気温が上昇します。

気圧が移動した後は冬型の気圧配置となり、翌日以降は強い北風が吹き寒くなります。

これを「寒の戻り」と呼ばれ、寒暖差による体調管理が必要となります。

スポンサーリンク



2月15日

また、春一番が吹くと竜巻が発生しやすくなり、暴風雨が影響して雪崩なども引き起こす事象となります。

「風吹きに遠出はしない」とはよく言ったものですね。

春一番の吹かない地域や年もある

平成元年(1989年)から春一番が吹かなかった年は1992年、1996年、2000年、2012年、2015年となっています。

平成以降では、最も早く春一番が観測されたのは1993年2月6日、最も遅くて2014年3月18日です。

また、山梨県や長野県などの山間部では、春一番がなかなか観測されません。

夏・秋・冬一番はなぜないのか

そもそも春一番は「季節の変わり目」に吹く風です。

春一番の南風は春の兆しとなりますが、夏・秋・冬の季節の変わり目は強風の伴うものではないからです。

夏は台風の前に新緑があり、秋は紅葉、冬は「雪起こし」と呼ばれる雷鳴や寒波で季節の変わり目を実感します。それらには強風が関係しません。

2月15日

ちなみに、秋の強風は「木枯らし一号」と呼ばれます。

西高東低と呼ばれる気圧配置で、西日本の高気圧が北海道の低気圧に向かって移動し、西日本では雨や雪を降らせます。

その気圧に水分が無くなっても風となって太平洋を目指すため、乾いた強い風の「木枯らし一号」となって吹きます。

「木枯らし一号」は10月〜12月に吹く風のため、秋の兆しとは言えません。そのため、夏・秋・冬一番は無いのです。

2月15日

冬の寒い時期に、暖かい風が吹き込むと嬉しくなり、春の訪れを感じますね。

四季がある日本でしか実感できない、喜びの一つです。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です