2月14日 は”バレンタインデー” 義理チョコは必要か?

2月14日 2月

バレンタインデーは”2月14日”

2月14日 は「聖バレンタインデー」とされています。世界的にも有名な記念日の一つですね。

スポンサーリンク



2月14日

バレンタインデーはカップルの愛を誓う日とされており、269年2月14日に聖ヴァレンタイン(ウァレンティヌス)が、時のローマ皇帝「クラウディウス2世」に迫害され殉教した日でもあります。

ヴァレンタインの死を悼むために、2月14日を「聖バレンタインデー」としたことが由来となっています。

司祭・聖ヴァレンタイン

当時のローマでは、2月14日を「ユノーの祝日」とされていました。

2月14日

ユノーは出産や結婚を司る女神で、ローマ神話では神ユーピテルの妻とされる偉大な神です。

2月14日

そして、ヴァレンタイン司祭はキリスト教の司祭で、恋人たちの守護聖人として崇拝されていました。

中世200年のローマ帝国時代では、ローマ皇帝クラウディウス2世の施政下、キリスト教徒は迫害されていました。

それにも関わらず、司祭は人々を導き助け続けていました。

2月14日

ある時、クラウディウス2世は兵士たちの結婚を禁止しました。「恋人を故郷に残すと士気が下がる」という理由です。

その命令に兵士たちは嘆きました。

可哀想な兵士たちを見た司祭は、内密に兵士たちに結婚式を挙げ、変わらず婚姻を祝福してあげました。

2月14日

やがてその行為がクラウディウス2世に見つかり、禁止するよう忠告を受けますが、司祭はその命令に背いたため処刑が決まりました。

処刑の日程は皮肉なことに「ユノーの祝日」とされ、司祭はルペルカリア祭の生贄にされました。

悲しみにくれるローマの人々は司祭の殉教を悼み、2月14日を「聖ヴァレンタインデー」としました。

バレンタインデーと他宗教

バレンタインデーは前述したようにキリスト教の文化ですが、海外でもその風習は根付いています。

日本以外は男性が女性にプレゼントを贈ったり、気持ちを伝えたりします。

しかし他宗教では、バレンタインデーに否定的な意見があるのも少なくありません。

2月14日

例えば、イスラム教では「バレンタインデーはイスラム教文化を侵害する」とした考え方で、関連製品や催し事などは禁止されています。

イスラム圏のイランでは、バレンタインデーを祝った場合、極刑も有りうるとし、取り締まりが強化されています。

スポンサーリンク



2月14日

また、ヒンズー圏のインドでもバレンタインデーを禁止しています。

そもそも、ヒンズー教では恋愛を公共の場でひけらかすことを良しとしません。

そのため、バレンタインデーに関するイベントや行為は妨害されてしまうようです。

バレンタインデーでは、なぜチョコレートを贈るのか?

海外ではバレンタインデーに、男性から女性へプレゼントや花束を贈るのが一般的ですが、日本では女性が男性にチョコレートを贈ります。

2月14日

日本独自のこの風習は、1936年に神戸モロゾフ製菓が「バレンタインデーにはチョコレート」というキャッチコピーを打ち出したことがきっかけとなっています。

当時はなかなか浸透しませんでしたが、1958年に新宿伊勢丹のデパートで開催されたバレンタインセールで、チョコレート業者が積極的にキャンペーンを行い、「バレンタインデーにはチョコレート」を贈る風習が徐々に浸透していきました。

ちなみに、女性が男性にチョコレートを贈ることになった由来は、当時から恋愛の主導権が女性にあったからのようです。

義理チョコの意義

義理チョコもやはり日本の文化で、普段から付き合いのある人や友人、上司などに贈るチョコレートです。

義理を欠かさない日本らしい文化とも言えますが、2018年2月1日にチョコレートメーカーのGODIVAが「日本は、義理チョコをやめよう」という広告を日本経済新聞に掲載しました。

2月14日

チョコレートが最も売れる時期に、あえて義理チョコを否定する一流企業の経営方針に、SNSでは反響を呼びました。

GODIVAの社長ジェローム・シュシャン氏は「義理は大事だけれど、みんながやっていることは本来の『義理』ではない。あげる人がハッピーであるべき」と発表し、その意見に共感する女性は多数いるようです。

たしかに、女性が社員全員分の義理チョコを配る様子は、見ていて手間も予算もかかっていそうです。

2月14日

一方の「ブラックサンダー」を製造する遊楽製菓株式会社では「義理チョコは日本独自の文化で、気兼ねなく楽しんでほしい」と意見し、安価で美味しい同製品の強みを最大限に生かしています。

2月14日

物を贈る文化も大切ですし、プレゼントした人が幸せに感じることも大切です。

バレンタインデーは時代に即した変化を続けていくと考えられますが、聖ヴァレンタインを悼む日であることを忘れないようにしましょうね。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメント

タイトルとURLをコピーしました