2月13日 は”名字(苗字)の日” 名字と苗字と姓の違い

2月13日 2月

名字(苗字)の日は”2月13日”

戸籍制度の変更により名字政策が実施され、1875年 2月13日 「平民苗字必称義務令」が発布されました。

スポンサーリンク



2月13日

この制度により国民は身分を問わず名字が必須となったため、 2月13日 が「名字(苗字)の日」となったことが由来とされています。

また、名字の日は9月19日にも設定されており、これは更に5年前の1870年9月19日「平民苗字許可令」が由来となっています。

“名字(苗字)の日”が二つあるのはなぜ?

当時、欧米のような近代化を目指す明治政府にとって、戸籍を整理するために国民総苗字化を推進する必要がありました。

そのため1870年に「平民苗字許可令」という太政官布告が発布され、かつて武士や貴族しか名乗れなかった苗字を、平民にも名乗ることが許されました。

「平民苗字許可令」ということは「名乗りたければ名乗っても良い」というスタンスで、苗字が無くても不自由しなかった平民にとってなかなか浸透しませんでした。

さらには、政府に不信感を持つ平民も少なくなく、デメリットを警戒して「余計なことはしない」という考えが根強くありました。

国民と政府の考え方に差があり、戸籍整理がなかなか進まなかったため、1875年 2月13日 に「平民苗字必称義務令」を発令し、苗字は義務化されました。

義務化されたことにより徐々に浸透していき、現在に至ります。

当時は新しい呼び名が増えることに不思議な感覚を持ったことでしょうね。

「名字」と「苗字」の違いとは?

名字は平安時代から存在し、本来は武士の領地を示す「名田」から「字(=あざな)」を名乗ることになったことが由来とされています。

ちなみに、中国で字とは「大人になってから自由につけた名前」の意味があり、子供の頃からの名前とは異なります。

2月13日

例えば蜀の「諸葛亮」だった場合、「諸葛」が性で「亮」が名前=諱(いみな)です。

しかし、諸葛亮は「孔明」と呼ばれることもありますが、この「孔明」が字と呼ばれるものです。

そのため、自分で名付けられる土地を「名字」としました。

また、諱には「忌み名」という意味も含まれ、呼ぶことが失礼にあたる場合もあります。

一方「苗字」は江戸時代から生まれた概念で、子孫を意味する「苗裔(びょうえい)」が由来とされています。

昔から代々継がれた名前として「苗字」と呼ばれています。

つまり、名字は「領地や場所」が由来し、苗字は「先祖や血統」が由来すると考えられます。

「名字」と「氏(うじ)」「姓(かばね)」の違いとは?

名字は前述したように「領地を由来として自分でつけた名前」ですが、氏は「所属している名門の一族」姓は「天皇から頂いた役職や地位」という意味があります。

順序は「氏」「姓」「名字」「通称」「名前(諱)」の順に名乗ることが、武士にとって通例となります。

2月13日

例えば、織田信長だと名字と名前だけになりますが、フルネームの場合は「平 朝臣 織田 三郎 信長」となります。(官位をつける場合は「上総介」が名字の後に入ります)

通称はニックネームのようなもので、近しい人からは「三郎」と呼ばれたりしたようです。

姓には階級が存在し、真人(まひと)→朝臣(あそん)→宿禰(すくね)→忌寸(いみき)→道師(みちのし)→臣(おみ)→連(むらじ)稲置(いなき)と、8段階で区分けされました。

スポンサーリンク



皇族に名字はない

ニュースで報道されている「秋篠宮」などは、一見名字に見えますが、皇族に名字は存在しません。

「秋篠宮」とは宮家の一つで、皇族の家のことを示します。

前述したように、名字、つまり昔で言う姓とは、天皇が国民に与えるものであり、皇族は姓によって区分けされる立場にないからです。

2月13日

余談ですが、私が子供の頃、皇族に名字が存在しないということを知り、「キャッシュカード作るときどうするの?」と親に質問したら「キャッシュカード必要ないと思うよ」と回答されました。

当初は夫婦別姓だった

1875年に「平民苗字必称義務令」が発令されましたが、夫婦は別姓を名乗るものとされていました。

2月13日

しかし1898年の民法で、婚姻後の夫婦はどちらかの苗字を名乗ることと制定されました。

今日では、婚姻後の夫婦別姓を求める声も少なからず存在し、時代の移り変わりを実感しますね。

「徳川」がいないのはなぜ?

フィギュアスケーターの織田信成さんを始め、かつて戦国武将として名を馳せた名字は現在でも多く存在します。

しかし、徳川という名字の方と出会うことはなかなかありません。

2月13日

その理由は、徳川家に御三家(尾張・紀伊・水戸)と御三卿(田安・一橋・清水)が存在し、その当主のみが徳川を名乗れるためです。

それ以外の分家は、現在「松平」を名乗っています。

俳優の松平健さんが「暴れん坊将軍」で徳川吉宗を演じているのは因果を感じますね。

また、清水徳川家に関しては12月19日の「日本人初飛行の日」をご覧ください。

いろいろな名字

日本で一番多い名字

日本で一番多い名字は佐藤で、国内で約200万人いるとされています。

次に、鈴木が約175万人、その次の高橋が約145万人となっています。

五十音順で最も早い名字・遅い名字

現在確認されている中では、阿相(ああい)が五十音順で最も早い名字、分目(わんめ)が最も遅い名字となっています。

知人で王龍(ワンロン)がいましたが、中国人だったため例外です。

珍しい名字

珍しい名字は多数あるため、割愛させていただきました。
その中で一部抜粋しますが、春夏秋冬(ひととせ)や東西南北(よもひろ)が、日本らしくて良い名字ですね。

日本で一番長い名字

現存する名字の最も長い漢字表記は、5文字となっています。

左衛門三郎(さえもんさぶろう)と勘解由小路(かでのこうじ)の二つのみが最長となっています。

ひらがなにした場合最も長いのは東四柳(ひがしよつやなぎ)の8文字で、ローマ字で表記すると18字になります。

ここまで長いと、テストで名前を書いている間に、他の人は1問目を解き終えている可能性があります。

2月13日

名字には様々なルーツが存在し、アイデンティティーを考える手段となります。

名字の意味を考え、その名に恥じぬ行動をしていきたいですね。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメント

  1. MIE より:

    織田信長のフルネーム長いですね。
    皇族に名字がないのも、初めて知りました。

    このblogを見て名字って奥が深いと言うことがわかり、私なりにもっと知りたくなりました。

    仕事でも、話題の1つとして話したら盛り上がりそうですね。

タイトルとURLをコピーしました