2月11日 は”建国記念の日” 世界最古の国 日本を祝う日


建国記念の日は”2月11日”

建国記念の日は、1966年 2月11日 に制定された国民の祝日の一つです。

スポンサーリンク



「建国を偲び、愛国心を養う」目的で制定されました。

2月11日

建国とはいうものの、日本は島国で海外諸国とは違い独立戦争がないため、いつ日本が建国されたかは明確ではありません。

そのため、初代天皇の神武天皇が即位した日が紀元前660年1月1日であり、それを現代のグレゴリオ暦で換算した結果、建国記念の日は 2月11日 となりました。

一度廃止された建国記念の日

もともと日本には「建国記念の日」が存在し、1月1日を紀元節と呼ばれていました。

明治時代、日本は海外諸国と足並みを揃えるため、1873年に新暦(グレゴリオ暦)を開始し、紀元節は2月11日へと変更されました。

2月11日

その後、第二次世界大戦に敗戦した日本は、マッカーサー率いる米国GHQが政治に介入し指揮を取ります。

天皇を中心とする思想が紀元節に含まれているため、日本国民が天皇主権の思想を再び持ち団結するのではないか、と危機感を抱いたGHQは、1948年に紀元節を廃止しました。

建国記念日ではなく、建国記念”の”日

紀元節を復活させる案は与野党で大きく分かれました。

野党側から紀元節の復活に反発があったことと、「そもそも神武天皇が存在する確証がないのに、建国記念日とは如何なものか」という歴史学者の意見があったためです。

スポンサーリンク



そのため「建国記念日」ではなく、単純に「建国されたことを記念して祝う日」というニュアンスにし「建国記念日」とすることが妥協点となりました。

現存する世界最古の国は日本。

日本人は、日本が世界最古の国であることをあまり知りません。

今上天皇が(2018年現在)第127代目で皇紀は2678年、現在も継続しています。

2月11日

(出典:朝日新聞1956年11月20日朝刊7面)

歴史が古い国同士、日本とエチオピアには国交があり、日本からは銀貨を、エチオピアからはシマウマを寄贈するやりとりもありました。

海外の建国記念日

海外では、独立記念日や民族解放記念を建国記念日としている国が多く存在します。

近年では2011年にリビアや南スーダンが建国されました。

独立するために自由を勝ち取り、また、たくさんの血が流れたことを考えると、建国記念日の重要性が如何に重いかが想像にかたくありません。

2月11日

日本には革命や侵略された過去がなく、古来から現在まで歴史を繋いできた実績が存在します。

日本の治安を守り続けた偉人達がいたからこそ、現在の日本が成り立っているんですね。

建国記念の日を通じて、平和な日本のありがたみを改めて実感します。

トップページに戻る

スポンサーリンク



2月11日 は”建国記念の日” 世界最古の国 日本を祝う日” に対して1件のコメントがあります。

  1. MIE より:

    日本が世界最古の国なんですね。
    その前はエチオピア
    建国記念の日って聞くだけであまり細かくは意識してませんでしたが、今日は何の日?
    ○○の日って、毎日何かの日で、1日なにげなしに過ごすのではなく、今日は○○の日だからこういう風に過ごそう、これを頑張ろうとか目標持つと素敵ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です