2月7日 は”北方領土の日” 解決の糸口はどこに?

2月7日 2月

北方領土の日は”2月7日”

日本政府によって、1981年に 2月7日 を「北方領土の日」として制定されました。

スポンサーリンク



2月7日

1855年2月7日(旧暦では12月21日)に、伊豆の下田にて「日魯通好条約」(=日露和親条約)が締結されたことが由来となっています。

日魯通好条約とは、日本とロシアの国境を択捉(えとろふ)島とウルップ島で区分けることなどを明確にした条約で、北方四島が日本の領土であることを国際的に明文化したものです。

北方領土の日では、現在も続く「北方領土問題」の国民の関心を高め、かつ平和的な外交交渉を進めるために制定された記念日です。

なお、北方領土への郵便物に関しては、2月8日「郵便マークの日」をよろしければご覧下さい。

北方四島とは?

2月7日

北方四島とは、択捉島・国後(くなしり)島・色丹(しこたん)島・歯舞(はぼまい)群島の四島の総称で、面積は約5000km²からなります。

東京都の面積が2,188 km²であり、北方四島を合わせると、東京都の2倍以上となります。

択捉島

2月7日

択捉島とは、人口約7000人の千島列島南部にある島です。

面積は千島列島最大の3186.64km²と、沖縄の約2.7倍の大きさとされています。

2月7日

択捉島では体が白いヒグマが確認されました。これは世界でも例がない個体となっています。

そして、択捉島のヒグマは北海道のヒグマと比べて、3倍以上の鮭を食べていることが判明しました。

それと体が白いことに関係は無いと考えられていますが、その因果関係は現在も調査中のようです。

国後島

2月7日

国後島は千島列島最南部にある島で、面積は1489.27km²ほどです。

火山が多数あるため、周囲には硫黄の臭いが充満するようです。川からは源泉が流れている所も存在します。

2月7日

1999年に、元政治家の鈴木宗男氏が「日本人とロシア人の友好の家」という名目で国後島に建設した、いわゆる「ムネオハウス」が、2002年に国会で追及され様々な波紋を呼びました。

2月7日

汚職で失職したものの、鈴木氏は北海道出身の議員であるためロシアとの関係が深く、アイヌ民族の権利の確立運動や、北方領土問題の解決に向けて尽力していました。

スポンサーリンク



色丹島

2月7日

色丹島は面積255km²ほどの島で、コンブやサケ漁が盛んです。

2014年に約3000人ほどいた人口も年々減少し、現在では300人ほどとなっています。

歯舞群島

2月6日

歯舞群島は、面積が約100km²ほどの小さな島です。

1959年に歯舞村が根室市と合併しましたが、現在でも日本に施政権はありません。

北方領土問題とは?

2月7日

(資料:外務省ホームページ

日本はロシアより先に、北方四島に移り住んでいました。

一方のロシアはウルップ島より南下しておらず、1855年、日本とロシア間で平和的に「日魯通好条約」を締結し、お互いの国土を認識しました。

しかし、日本のポツダム宣言受託後、ソビエト連邦は日ソ中立条約を破棄、千島列島を侵攻し北方四島を制圧しました。

北方四島に居住していた約17,000人の日本人は強制的に退去させられ、現在も北方四島はソ連(=ロシア)の実効支配が続いています。

日本とロシアには、国同士の確執はさほど無いものの、北方領土問題が棚上げされているために、平和条約が締結されてないのが現状です。

日露間の真の平和のためには、北方領土問題を解決させなければならない義務があります。

サンフランシスコ条約

1951年サンフランシスコ条約を締結し、日本政府は戦争で得た領土を放棄すると共に「千島列島の放棄」を宣言しました。

しかし、千島列島に含まれる北方四島は日本古来の土地で、戦争で得た領土ではありません。

当時、北方四島は「南千島」と呼ばれていたため、日本と海外の誤認識が生んだトラブルが原因であるかと考えられます。

このトラブル以降、南千島を「北方領土」と呼ばれるようになりました。

ちなみに、サンフランシスコ条約ではロシアは不参加のため、ロシアによる北方四島の実効支配は不法占拠にあたると言えます。

北方領土問題における日本の対応と取り組み

2月7日

ロシアとは積極的に首脳会談を行い、プーチン大統領と北方領土問題解決に向かって、日々話し合いを進めています。

北方四島は日本固有の領土のため、下手に出る必要がない分、逆に交渉が難航しています。

ロシアは本来領土を返還しなければならないはずなのに、実効支配している以上、返還のための要求をするからです。

もしもこの要求を受けた場合、かえって「日本は、北方四島がロシアの領土と認めてしまった」と受け止められかねません。

そのため、日本は毅然とした対応をする必要がありますが、それはそれで解決の糸口が見つからないのが現状です。

2月7日

政府は、北方四島に居住するロシア人に対して人権の保証をするなど、手厚い対応を考案しています。

そして何より、日本人はロシア人に対して領土問題を除けば好意的であると考えられます。

ともに近隣国同士、平和的な解決の後に、パートナーとして新時代を切り開いていくことを望みます。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメント

  1. MIE より:

    1945年8月15日は休戦宣言をした日
    1945年9月2日の降伏調印なので、日本も9月2日までは防衛戦闘を行う権利はあると言うことですね。

    北方四島にソ連軍が侵攻した時、日本軍も住民もソ連に抵抗しなかったと聞きました。
    これって、何故でしょう?

    北方四島はアイヌ民族に返すのでしょうか?

    プーチン大統領にこの先期待がかかりますね。

タイトルとURLをコピーしました