2月3日 は”節分”と”のり巻きの日” 今年の恵方は南南東


2024年まで節分は”2月3日”

日本では古来より、 立春の前日を節分とする風習があり、2024年まで 2月3日 を節分としています。

スポンサーリンク



節分は平安時代には既にあったとされており、旧年の厄や災難をはらう「追儺(ついな)」の行事として存在していました。

2月3日

節分とは字の通り、季『節』を『分』ける日とされており、来たる2月4日「立春」の訪れを祝う意味があるとされています。

なぜ立春だけ祝うのか

かつて使われていた旧暦では、現在のグレゴリオ暦と一ヶ月ほど日にちがずれており、2月4日は元日にあたる日です。(うるう年があるため日にちが前後します)

2月3日

そのため、節分が現在の大晦日に相当し、厄払いをする慣習が根付きました。

それが新暦に変わった後も、節分として大切な風習として残されているのです。

この時期に体調を崩しやすいのは、季節の変わり目に悪いものが入ってくるからと信じられており、邪気を追い出し福を招き入れるための重要な日であると考えられています。

豆をまく意味とは?

なぜ豆なのか、その理由には多数の諸説があります。

まず、日本では昔から穀物をとても大切にされており、豆には神聖な力が備わっていて鬼を寄せ付けないと信じられていました。

次に、七福神の毘沙門天からのお告げとして「鬼の目に豆をぶつけて退治しなさい」とあったともされています。

それ以外には「魔を滅するもの」→「魔滅=豆」といった、ユニークな由来から来ているという説もあります。

2月3日

また、炒り豆を使うことにも意味があり、生の豆で邪気払いをした後、芽が出てしまうと縁起が悪いとされています。

それから、炒る=射るという変換から、豆を炒る→魔目を射ると考えられるようになりました。

年の数だけ豆を食べる行為

炒り豆は「福豆」と呼ばれ、体内から邪気払いをする効果があるとされています。

スポンサーリンク



2月3日

年齢と同じ数の福を取り入れることで翌年も健康であることを願う、験担ぎの一環です。

また、地域によって年の数より一つ多く食べることもありますが、当時は数え年だったことが由来とされています。

昔は立春から一年が始めるとされており、満年齢より一つ多く歳を数える風習があったことが起因していると考えられます。

のり巻きの日は”2月3日”

1987年に海苔業者によって 2月3日 を「のり巻きの日」と制定されました。

2月3日

節分で恵方巻きを一緒に食べることをセットにされていますが、その風習は1987年より前からのものです。

恵方とは?

恵方とは年ごとに異なり、陰陽道によって最も良いとされる方角を意味します。

2月3日

恵方を向き、心の中で願いを唱えつつ、無言で食べると願いが叶うとされています。

そして、恵方巻きを1本食べきると縁が切れないとされており、長い恵方にはそういう意味がこめられています。

なお、2018年の恵方は戊(つちのえ)南南東やや右となっています。

2月3日

節分は、日本古来から存在するメジャーな記念日の一つです。

節分の真意を理解し、大切な日としての認識が高まると幸いです。

トップページに戻る

スポンサーリンク



2月3日 は”節分”と”のり巻きの日” 今年の恵方は南南東” に対して1件のコメントがあります。

  1. みえ より:

    今日は節分で恵方巻食べます。
    一応豆まきもしますよ。

    願いが叶うといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です