1月29日 は”タウン情報の日”と”昭和基地開設記念日”


タウン情報の日は”1月29日”

1973年 1月29日 日本初の地域情報誌「ながの情報」が発行されたことが由来となり、 タウン情報全国ネットワークが1月29日をタウン情報の日と制定しました。

スポンサーリンク



1月29日

タウン情報誌とは各地域に重点を置いて、そこにまつわる地域情報やお店の紹介などをしている雑誌のことです。

有名なタウン雑誌は「東京ウォーカー」などで、タイトルにある周辺地域に特化しています。

1月29日

それとは別に、フリーペーパーなど、近年では広告費や制作費を抑えつつ情報を無料で配信するサービスが増えつつあります。

個人情報とタウン・ハローページ

以前はハローページに個人宅の電話番号や住所の記載もありました。

1月29日

しかし、時代の移り変わりにつれて、個人情報の非公開を希望する家庭が増加してきました。

その背景には、振り込め詐欺などの特殊詐欺が増加している点があります。

また、インターネットが普及したため、地域情報に気軽にアクセス出来るようになりました。

そのため、以前のように電話帳やタウン情報誌を使う傾向が年々減少しています。

一人一人が善意を持って、情報を共有したいですね。

昭和基地開設記念日は”1月29日”

1957年 1月29日 日本の観測隊が南極「オングル島」へ上陸し、昭和基地を開設したことを記念して制定されました。

1月29日

スポンサーリンク



その後、1957年〜1958年は国際地球観測年となり、南極大陸は日本を含む12か国によって観測網が敷かれました。

ちなみに「南極の日」は12月14日で制定されており、また、南極物語でタロとジロが発見された日は1月14日です。

南極物語では、永田隊長率いる観測船「宗谷」が氷に阻まれるなど、実話をもとに構成されています。詳しくは1月14日「愛と勇気と希望の日」をご覧ください。

南極での国際協力

昭和基地では、他国と協力し観測が日夜行われています。

日本の観測隊が外国基地に入れてもらい、もしくは日本の基地へ外国からの研究者を招き入れ、観測データをシェアしています。

南極では国境の壁を取り払い、国際連携しあって日々観測しています。

具体的な調査内容は?

南極での具体的な調査内容は、宇宙空間や大気の調査や、オーロラ発生の現象の調査などです。

1月29日

例えば、オーロラの変動について調査することにより、地球周辺の環境変動の解明につながります。

その結果、オーロラ付近を飛来する「国際宇宙ステーション」のサポートや、気象衛星や通信衛星、GPSの安定性の向上にも繋がり、私たちの今日の生活に役立っています。

1月29日

宇宙の神秘について解明されたら、人類の歴史の真相に繋がるかもしれませんね。

トップページに戻る

スポンサーリンク



1月29日 は”タウン情報の日”と”昭和基地開設記念日”” に対して1件のコメントがあります。

  1. みえ より:

    そう言われて見ればうちも、電話番号載せなくなったのいつからだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です