1月27日 は”国旗制定記念日” なぜ太陽は赤い?


国旗制定記念日は”1月27日”

1870年 1月27日 太政官布告第57号の「商船規則」で、国旗のデザインや規格が定められたことが由来となり、1月27日は”国旗制定記念日”として制定されています。

スポンサーリンク



1月27日

正確には2月27日ですが、明治三年の時点では旧暦が使われており、新暦(グレゴリオ暦)が採用されたのは明治六年です。

新暦と旧暦には1ヶ月の差があるため、新暦に変更されてからは1月27日が国旗制定記念日となっています。

また、現在使われている日の丸の正確なデザインが決まったのは1999年と、意外にも近年です。

日章旗「日の丸」の成り立ちと役割

日章旗「日の丸」は、1999年8月13日の衆議院本会議(小渕内閣)にて正式に採用されました。

1月27日

「国旗国歌法」に関して『国旗は日章旗(日の丸)とする』『国歌は「君が代」とする』という、二つの条文が公布、および施行されていますが、その附則の中に『商船規則(明治3年太政官布告第57号)の廃止』とあります。

1月27日

この「太政官布告第57号」が日章旗の元となった法令です。

1月27日

1853年にペリーが来航し、江戸幕府はこれまで鎖国体制をとっていた日本にも外交が必要だと痛感しました。

1854年に日米和親条約を調印したため、外国船と日本船を見分けるために、国旗を商船に設けるなどの様々な対外政策が必要です。

1月27日

そのときに日の丸のデザインが、外様大名で薩摩藩藩主の島津斉彬の考案のもとで採用されました。

そうして1870年1月27日に制定された太政官布告第57号には、日の丸を日本船の目印とする以外にも、具体的な国旗の掲揚についての取り決めも規定し、

①毎朝8時から日没まで掲揚する

②祝日には必ず掲揚する

③商船が軍艦に出遭った時は商船側が3度国旗を昇降する

④国旗を掲げていない船は海賊船とみなされる

などのルールが設けられています。

1月27日

しかし、この時点では「日の丸は日本船の目印である」だけで、「日の丸を国旗として定める」とは明文化されていません。

日本が日の丸を目印として使用しているという既成事実をもとにして、1999年の「国旗国歌法」でようやく日の丸が国旗として確定しました。

そのため、商船規則が意味をなさなくなり、国旗国歌法では太政官布告第57号を撤廃したのです。

1月27日

ちなみに、当時の日の丸は「縦横比率7:10、日の丸が旗の中心から旗ざお側に横の長さの100分の1ずれた位置」と決まっていましたが、国旗国歌法では「縦横比率2:3、日の丸の直径は縦の長さの5分の3、日の丸は旗の中心の位置」と変更されています。(左が旧デザイン、右が新デザインです)

また、日の丸の色は赤と白ではなく紅色(マゼンタ)と白色です。

紅色は「博愛」を、白色は「純潔」を意味しています。

日本人にとって太陽が赤色なのはなぜ?

太陽を赤く表すのは日本独自のもので、海外では太陽を黄色や金色で表します。

日の丸が太陽を表しているのは周知の事実ですが、なぜ太陽を赤で表現しているのでしょうか?

1月27日

まず、日本にとって太陽は特別な意味があります。

皇祖神「天照大御神」が太陽神と呼ばれるほど、農耕民族である日本にとって、太陽は信仰の対象として崇められていました。

スポンサーリンク



1月27日

古くからは飛鳥時代、聖徳太子が遣隋使を送る際に、手紙で自国を「日ノ本」と表現するほど、太陽を重要視していたとされています。

時代は流れ、治承・寿永の乱では平氏が「赤地に金丸の旗」を、源氏が「白地に紅丸の旗」を掲げ、源氏が勝利しました。そのことから、紅白は縁起が良いものとして扱われています。

1月27日

長篠の戦いでは、織田・徳川連合軍と武田勝頼が両軍とも日の丸を掲げています。

統治と太陽は密接な関係であるとし、日の丸は天下統一の象徴として考えられていました。

1月27日

また、豊臣秀吉が朝鮮出兵時に国旗として日の丸を掲げていたことから、このときから既に「白地に紅色は国旗」として暗黙の了解があったのかもしれませんね。

それらのことから、日本にとって特別な太陽を、縁起の良い赤(紅)色で表現したのではないかと考えられます。(あくまで個人的な見解です)

日の丸にはものすごい価値がある

イギリスやフランスで日の丸のデザインの評価が非常に高く、明治時代に日の丸を500万円(現在で換算すると200億円)で売買してほしいとの申し出がありました。

1月27日

しかし、当時の明治政府は「国旗を売ることは国を売ることと同然」として、断ったようです。

確かに、白地に紅色のデザインは一見シンプルですが、洗練されたデザインですね。

日の丸から見る親日国家

日本の日章旗に影響を受けた海外諸国は多く、自国を日の丸に似せた国もいくつか存在します。

その中でもバングラデシュやパラオは親日国家として有名です。

1月27日

バングラデシュは赤と緑で構成され、緑はイスラム教と緑豊かな国土、赤は独立戦争で流れた血と太陽を表現しており、日章旗とは意味が違うものの、日の丸を意識したものとされています。

なお、少し左にずれているのは、国旗を旗竿に取り付けたとき、丸が風になびいても中央に見えるように工夫されています。

1月27日

そしてパラオは青と黄色で構成され、青は太平洋、黄色は満月で繁栄することを表現しています。

この満月が少し左にずれているのは、日章旗を参考にして作り、そして日本に対して敬意を表するために、わざとずらしたと言われています。(諸説あります)

 

バングラデシュやパラオのように、友好国がこれからも増えるといいですね。

1月27日

今は昔と違い、情報伝達の手段が増えて世界が近いものとなりました。

日章旗の色に含まれる「博愛と純潔」を心に抱き、日本人として恥じない行動を世界に向けていきたいですね。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です