1月25日 は”ホットケーキの日”と”中華まんの日” 寒さが由来に。


日本最低気温の日は”1月25日”

1902年 1月25日 北海道旭川市で、国内最低気温の-41.0℃を記録しました。

スポンサーリンク



1月25日

富士山頂の最低気温は、1981年2月27日に-38.0℃を記録しましたが、当時の旭川市は富士山頂より寒いということになります。

また、1978年2月17日に、北海道 雨竜郡 幌加内町 母子里(うりゅうぐん・ほかろないちょう・もしり)で更に0.2℃低い-41.2℃を記録しましたが、気象庁の公式記録の対象では無かったため、旭川市が国内記録となっています。

1月25日

ちなみに、母子里の-41.2℃到達記録を記念して、2月17日を「天使の囁き記念日」として制定し、日本記念日協会から正式に認定されました。さらには「母子里クリスタルパーク」では日本最寒地到達証明書を発行しています。

ホットケーキの日は”1月25日”

1月25日に日本最低気温の日を記録したことを由来として、体を温める「ホットケーキの日」を同日に制定されました。

1月25日

寒い時にホットケーキを食べるという習慣はありませんが、名前に暖かいイメージがあるので制定されたと考えられます。

ホットケーキとパンケーキの比較に関しては1月6日「ケーキの日」にて記載してますので、よろしければそちらも併せてご覧下さい。

中華まんの日は”1月25日”

中華まんの日もホットケーキの日と同様、日本最低気温の日が由来で、1月25日を「中華まんの日」と制定されました。

1月25日

「寒い時に中華まんを食べて暖まる」ことをコンセプトとしていますが、こちらはしっくりきますね。また、毎月15日は中華の日となっています。

中華まんの起源

中華まんは、三国志で有名な「諸葛亮」が作らせたものが起源となっています。

1月25日

スポンサーリンク



あるとき蜀軍は、行軍中に川の氾濫に遭遇しました。

習わしでは「川を鎮めるために人の頭を水神に捧げること」とされていましたが、人命を疎かには出来ないと考えた諸葛亮は、小麦粉をねった皮で羊と豚肉を包み、人の頭に似せた饅頭を水神に捧げました。

すると、川の氾濫が鎮まったため、このことから中華まんの起源とされています。

日本で中華まんを始めたのは中村屋

日本で中華まんを最初に始めたのは、1927年「中村屋」によると記録されています。

1月25日

1901年、新宿に店を構えた中村屋は、1925年に新宿に百貨店が参入してきたことに対して危機感を持ちます。

そこで、中村屋独自のものを作り出して百貨店に対抗できないかと考えた末、創業者の相馬夫妻は中国旅行中に包子「パオズ」を見つけます。

当時の包子の味付けは中国人向けで、日本人好みの味ではありませんでした。

しかし、味を調整し改良を加えれば、中村屋のオリジナルとして扱える商品になると確信したため、試行錯誤の末に1927年に完成しました。

1月25日

当時の商品名は「支那饅頭」で、肉入りが1個6銭、餡入りが4銭として販売されました。

その後の売れ行きは上々で、支那饅頭は一般に認知されていき、現在に至ります。

肉まんと豚まんはどう違うか

関東では「肉まん」、関西では「豚まん」として区別されているようです。

関東で肉というと鶏肉や牛肉を含めた食肉全般を指しますが、関西で肉といえば牛肉のみを指します。

そのため、肉まんに牛肉が使われているという誤認識を防ぐために、関西では「豚まん」と呼ばれるようになりました。

1月25日

寒さも本格的になりました。

中華まんにしてもホットケーキにしても、寒い時に食べる温かいものは格別ですね。

トップページに戻る

スポンサーリンク



1月25日 は”ホットケーキの日”と”中華まんの日” 寒さが由来に。” に対して1件のコメントがあります。

  1. みえ より:

    中華まんの起源って諸葛亮だったんですね。
    初めて知りました。
    1つ話題が増えました。

    毎日、今日は何の日を読ませてもらい、私の知識が少しずつ増えていくような気がします。

    読む方にしたら、数分で終わりますが書く方は時間がかかってると思います。
    それを毎日続けるって大変な事だと思います。

    1人でも多くのリピーターが出来ますように。応援してます。頑張ってくださいね\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です