1月24日 は”金の日” ゴールドラッシュの成功者は誰か?


金の日は”1月24日”

1848年 1月24日 カリフォルニアの製材所に勤務していたジェームズ・マーシャル氏が、川底に金の粒を発見しました。

スポンサーリンク



1月24日

この噂はすぐに広まり、アメリカ全土から人が押しかけ、まさに「一攫千金」を狙うべく、金脈を探し当てる人で溢れかえりました。

採掘者(マイナー)が1849年に急激に増えたことから、この人々を「’49ers=フォーティーナイナーズ」と呼ばれています。

31番目の州、カリフォルニア

1846年〜1848年に起きたメキシコ戦争でアメリカはメキシコに勝利し、カリフォルニアを獲得します。

当時のカリフォルニアは辺境で、面積は日本とほぼ同じですが、人口は約15,000人ほどでした。しかし、ゴールドラッシュを境に人口が急増し、1850年9月9日にアメリカの31番目の州となりました。

1月24日

その後、1852年には人口が20万人を突破します。

カリフォルニア州サンフランシスコは300人ほどの集落でしたが、同年には36000人まで増加しました。西部側の開拓も進むことになります。

その結果、アメリカ全土で最大の人口を誇り、GDPに至ってはイタリアに匹敵するほどの経済力を持ちます。

そのため何度も独立を試みますが、全て失敗に終わっています。

また、日本名では「加利福尼亜」と書きますが、カナダの加と混同されることが多いです。

カリフォルニアの場合は「加州」と表記し、カナダの場合は「加」のみで表記します。

二つのカリフォルニア・ドリーム

1840年代のゴールドラッシュ以前、移民のジョン・サッター氏は農業大国の建設を夢見ていました。

1月24日

サンフランシスコ近郊に「サッターの砦」と呼ばれる農園を造り、そのために必要な製材所を50マイルほど離れたところに構えました。そのとき、部下のジェームズ・マーシャル氏が砂金を発見しました。

しかし、サッター氏は農業大国を実現したかったため、金の発見を素直に喜べません。

それどころか、金が発見されたことによって、不必要に人口が増えてしまうのではないかと警戒し、金の発見を隠すように指示しました。

1月24日

結局、秘密は漏れてしまい、さらにはメキシコ戦争でカリフォルニアがアメリカに割譲されたため、人々が殺到してしまいます。

サッター氏は、開拓者が溢れる金の土地の認可に失敗し、農業大国の夢は潰えてしまいました。

スポンサーリンク



ゴールドラッシュの本当の意味

1880年中期に入ると、金鉱山はされ尽くし、ゴーストタウン化する街も増え始めます。

ゴールドラッシュ初期から参加したマイナーは、簡単に金を見つけることができ、1日に2000ドルほどの金を見つけることも難しいことではありませんでした。

1月24日

しかし、地表の金を取り尽くされた後は、個人設備で深く掘ることが出来ず、個人でも容易く金が取れたゴールドラッシュは二、三年で終わっていたようです。

そのため、カリフォルニアでの貧困の差は顕著で、ゴールドラッシュ初期に金を掘り当てることができた人たちを「ラッキーストライク」と呼んでいました。

1月24日

しかし、実はゴールドラッシュの本意はそこではありませんでした。

金鉱山を掘るためにも生活拠点があるため、生活必需品が欠かせません。

そのため、採掘に必要な「シャベル」を売った人や、金を輸送するために必要なセキュリティである保安官の「ガンマン」という職業も生まれ、これらの人たちは大成功を納めます。

なので、このゴールドラッシュを本当の意味で理解していたのは「金鉱山を掘り当てる人」ではなく、「金鉱山を掘り当てる人たち向けに商売する人」で、彼らが真の成功者でした。

1月24日

デニムの一流メーカー「Levi’s」も、このとき金鉱山を掘るために強固なズボンを作って大成功しています。

1月24日

夢を追う人が失敗し、夢を追う人を助ける人が成功するとは、なかなか皮肉なものです。

しかし、それはどの時代でも共通のことで、人を助けることが自分を助けることに繋がるものです。

周囲の人が何に困っているかを理解し、手を差し伸べる。難しくも基本的な行動ですね。

トップページに戻る

スポンサーリンク



1月24日 は”金の日” ゴールドラッシュの成功者は誰か?” に対して1件のコメントがあります。

  1. みえ より:

    私はどちらかというと、ゴールドより、シルバーが好きです。私が金鉱山の近くに住んでたらもしかして、商売してたかもしれませんね。

    今の時代、人を助けるって本当に難しいです。
    見返りを求めたらいけませんね。
    自分は生かされている存在だと言う事に感謝し、自分に正直に生きたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です