1月19日 は”空気清浄機の日” その空気清浄機は大丈夫?


空気清浄機の日は”1月19日”

2006年 1月19日 日本電機工業会により「空気清浄機の認知度を高めて普及し、正しい使い方を広める」というコンセプトを基に、記念日として制定されました。

スポンサーリンク



1・1・9=い・い・く(うき)という語呂合わせを由来としています。

1月19日

1月は空気が乾燥している日が多く、ハウスダストやインフルエンザウイルスに警戒しなくてはならない時期です。

また、春になると今度は花粉が飛び交う季節なので、花粉症対策も必要となってきます。

そのため「空気清浄機の日」を通して、空気とウィルスの理解も広げたいですね。

空気清浄機の構造と機能

空気清浄機は、フィルタを通して空気中の汚れやにおいの原因になる物質を取る構造です。

1月19日

その集塵・脱臭フィルタへ空気が誘導されるようにファンが取り付けてあります。

プレフィルタ・集塵フィルタ・消臭フィルタ・ファンで 構成されているものが一般的で、ファンが空気を誘導して気流を作り、また綺麗な空気を排出する役割を持っています。

また、近年ではイオンを発生させ粉塵を吸着する空気清浄機も販売されています。

イオン式空気清浄機は、フィルター式に比べて性能が低い?

「イオン式空気清浄機は、たばこの煙をほとんど吸わない」「咳が止まらなくなった」などのクレームが消費者庁に多数寄せられました。

近年、イオン式空気清浄機が多数販売されていますが、クレームを踏まえ、従来のフィルター式とどう違うのかという比較検証を2015年に消費者庁が行いました。

スポンサーリンク



 

1月19日
1月19日

  (資料提供:東京都

その結果、イオン式空気清浄機は従来のフィルター式空気清浄機に比べ、空気清浄能力が低いという検証結果が出ました。

また、オゾン発生濃度が決められている基準値より高く、人体に影響を及ぼす可能性も指摘されています。

そのため、メーカーに注意喚起を呼びかけられ、過度な商品説明は行わないよう促されています。

消費者庁は「イオン式空気清浄機は、メンテナンス不要な点や静音性には優れているが、集塵能力は低いことを考慮してから購入してほしい」と見解を発表しています。

空気清浄機の選び方

私的見解では、やはり空気清浄機としての本来の機能を求めるならば、イオン式空気清浄機に疑問を持たざるを得ません。

しかし、従来の空気清浄機はファンがあるため、その分、清浄機自体が大きくなってしまうのも否めず、デザインの面ではイオン式空気清浄機がファッショナブルであるとも考えます。

双方のメリット・デメリットを考慮して選ぶ必要がありますが、個人的にイオン式はお勧めしません。

また、空気清浄機による電気代はメーカーによって大きくばらつきますが、標準モード(中)を24時間起動させた場合の一ヶ月の電気代は「100〜500円」の価格帯がメインです。(イオン式の場合、イオン発生による電気代が別途かかります)

しかし、空気清浄機による発火事故も相次いで報告されているため、24時間つけっぱなしにするのも考えものです。ましてや、外出中に空気を綺麗にするメリットを感じられません。

1月19日

冒頭で「空気とウィルスの理解」と書きましたが「商品の理解」が一番重要であることがわかりました。

たしかに日本電機工業会のコンセプトどおり、正しい使い方を広める必要がありますね。

トップページに戻る

スポンサーリンク



1月19日 は”空気清浄機の日” その空気清浄機は大丈夫?” に対して1件のコメントがあります。

  1. みえ より:

    空気清浄機使ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です