1月15日 は”小正月” 年末年始に忙しく働いた女性はゆっくり休もう


小正月は”1月15日”

1月1日を「大正月」というのは周知の通りですが、 1月15日 を「小正月」と言います。

スポンサーリンク



かつて旧暦では、月の満ち欠けを暦の基本としていて、新月(月が消える日)を1日、そこから十五日周期で数えていました。

1月15日

そして、満月の日を十五夜と呼び、次に月が消える新月で一ヶ月としています。

それが由来し元日からカウントして、ちょうど満月になる今日を小正月と呼ぶようになりました。

1月15日

満月には特別な力があると考えられており、かつては一年で初めての満月の日を「元日」にしていたと言われています。

その風習が現在でも「小正月」として残っています。

なお、新暦では月の満ち欠けについて一切関与していないため、小正月が満月になるとは限りません。

また、小正月をもって正月の終わりと区切られています。

小正月は「女正月」と呼ばれたりもしますが、これは年末から正月にかけて一生懸命働いた女性を労い、小正月に体をゆっくりと休めるように、という意味があります。

小正月の行事

大正月は年神様を迎える行事を行うのが一般的ですが、小正月は主に農業に関しての行事です。大きく分けると以下の三つとなります。

・豊作祈願 餅花、まゆ玉など。

・吉凶占い 粥占いなど。神社で行われる。

1月7日

スポンサーリンク



・悪霊払い どんど焼き、左義長など。地域の特色が出る。

「餅花」と呼ばれる紅白の餅を柳に飾って豊作を祈り、お粥を炊いて農作物が豊作か占う「吉凶占い」や、「どんど焼き」と呼ばれる悪霊払いをします。

また、どんど焼きの炎には神聖な効果があると信じられており、その炎で無病息災や五穀豊穣を願い、焼いた餅を食べます。

どんど焼きは「1月2日の書き初めの記事」でも紹介したように、炎が高く上がるほど良いとされています。

小正月には小豆粥を食べる

小正月には「小豆粥を食べる風習が古来から残っています。

1月15日

小豆の赤紫色には、邪悪なものを寄せ付けない効果があると言われています。

吉凶占いでお粥を炊きますが、このときに炊くのが小豆粥であることも多いです。

小豆に関しては3月18日「春のお彼岸入り」をご覧ください。

1月15日

少しずつお正月気分も抜け始め、日常生活を取り戻してきた方も多いかと思います。

かくゆう私は、まだ正月気分が抜けておらず寝不足気味ですが…。

風邪をひいて体調を崩した方々も、徐々に回復してきたのではないでしょうか?

今日は特に、年末年始ずっと忙しかった女性はゆっくり休んで、新しいスタートを切れるように余裕を持って過ごせるといいですね。

トップページに戻る

スポンサーリンク



1月15日 は”小正月” 年末年始に忙しく働いた女性はゆっくり休もう” に対して1件のコメントがあります。

  1. みえ より:

    今日は週はじめで仕事です。
    ゆっくり休みたいです。
    小豆粥早速食べますね(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です