1月14日 は”愛と勇気と希望の日” タロとジロが南極で発見された日


愛と勇気と希望の日は”1月14日”

1959年 1月14日 南極に置き去りにされていた南極観測隊の2匹の樺太犬「タロとジロ」の生存が確認されました。「タロとジロの日」とも呼ばれています。

スポンサーリンク



1月14日

なお、1983年に公開された映画「南極物語」にて、俳優の高倉健氏の主演で実話を基に構成されています。

命がけの南極観測

1956年、南極観測船「宗谷」の乗組員11人と、犬ぞり隊として15頭の樺太犬が東京港を出発します。

1958年に第2次越冬隊がやって来るはずだった宗谷は、厚い氷にはばまれて身動きが取れなくなってしまい、引き継ぎを断念してしまいます。

11人の隊員は無事ヘリコプターで救出されることになりましたが、樺太犬たちはついに置いていくことになりました。

苦悩する隊員と、必死に生きのびようとも次々に死んでいく樺太犬たち。

1月14日

その一年後にヘリコプターで再び南極へ調査に行くと、生き残っていた二頭の樺太犬がタロとジロです。

発見された際に、恨むことなく待ちわびるような表情で隊員たちの元へ寄ってきたタロとジロが涙を誘いました。

そして、無人の南極大陸で一年間も生き延びた奇跡は、当時日本に大きな感動を与えました。

ジロは第4次越冬で死んでしまいましたが、タロは1970年に老衰で旅立ったとされています。

映画としての評価

当時東映では「犬を使った映画が評価されるとは思えない」と南極物語に否定的でした。

しかし、製作サイドであるフジサンケイグループが「笑っていいとも!」などの番組内で宣伝し、積極的にメディアミックスを行ったことで、配給収入61億円を記録する大ヒットとなりました。

スポンサーリンク



この記録は、1997年に公開されたジブリアニメ映画「もののけ姫」まで、興行収入歴代一位を更新し続けていました。

南極では風邪を引かない?

話題は逸れてしまいますが、「南極ではウィルスが生きられないから風邪を引かない」と聞いたことがありませんか?

1月14日

これには諸説ありますが「ウィルスが媒介する人間が南極にほとんど住んでいないから、ウィルスが生きられない」と言う方が正しく、氷点下であろうとウィルス自体は生きられます。

そもそも南極で活動する人間が少ないから、分母の人口が少ないので割合的に風邪が流行しにくい経緯が「南極で風邪を引かない」という誤認識に繋がったのではないかと考えられます。

そのため南極観測隊は、新しい病原体を持ち込まないように、虫歯や水虫すらも完全に治してから出発しなければならないようです。

1月14日

日本も寒い日が続きますが、これくらいの寒さに堪えていたら南極で戦っていたタロとジロに申し訳ないですね。

トップページに戻る

スポンサーリンク



1月14日 は”愛と勇気と希望の日” タロとジロが南極で発見された日” に対して1件のコメントがあります。

  1. みえ より:

    私にとって、14日は愛と勇気と希望の日とはかけ離れて悲しい日でした。来年のこの日はきっと幸せな日になりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です