12月31日 は”大晦日” 年神様を迎える大切な1日


大晦日は”12月31日”

12月31日 は大晦日として知られていますが、旧暦では毎月の最終日を「晦日」と呼ばれていました。

スポンサーリンク



12月31日

「みそか」の「みそ」とは「三十」のことで、30日を表し、年内最後である12月の晦日を「大晦日」としてます。

また、晦日は旧暦の月の動きと大きく関係しています。

「晦」は月の満ち欠けの変化を表わす言葉で、月が隠れることを意味しています。

晦日は別名「つごもり」とも呼ばれており、「月が隠れる=月隠」(つきごもり)が基となっています。

大晦日の歴史

大晦日には「年神様を正月にお迎えする準備の日」という意味があります。

年神様には豊作をもたらす力があるとされており、人が食べものに不自由しないように、見守ってくれていています。

また、年神様は各家庭にやってきます。そのため、大晦日の夜に寝ないのは年神様を待つためであるとされています。

大掃除の意味

12月31日

年神様を丁寧に迎えいれるために、清潔な玄関である必要があるため、家の掃除が不可欠です。

大掃除は地域によって様々ですが、12月中旬から大晦日までに終わらせるのが慣例です。

しかし、12月29日は「苦(9)に繋がること」から縁起が悪いとされていて、掃除をしてはいけないとされています。

スポンサーリンク



また、元日に掃除をしてしまうと、せっかく招いた年神様を追い出してしまうことになるため、新年に掃除を行ってはいけません。

除夜の習わし

大晦日には、様々な年越しの行事が行われます。

年越しの夜のことを「除夜」と言い、かつて、除夜は一晩中起きている習わしがありました。

もし、除夜に早く寝ると「白髪になる」「皺が寄る」などの言い伝えがあります。年神様をぞんざいに扱ってしまうから罰が当たってしまうんですね。

12月31日

また、大晦日の夜から1月1日の元旦にかけて鳴らす除夜の鐘は108回突き、人間の煩悩の数とされています。

除夜の鐘には煩悩を取り去る効果があるとされており、精神を清らかにして新年を迎えるという意味があります。

年越し蕎麦

大晦日といえば「年越し蕎麦」ですが、年越しそばの風習は江戸時代から始まったとされています。

12月31日

蕎麦の麺は千切れやすくなっており「一年の災厄をすっぱりと断ち切る」という意味も込められています。

現在では、年越し蕎麦の代わりに、地域によっては「年越しうどん」としてうどんも食べられるようになり、12月31日に最も多く購入されています。

12月31日

今年も一年間お疲れ様でした。

「光陰矢の如し」というように、急ぐ日足は矢よりも早いものです。

過ぎ去りし日々に想いを馳せながら、来年も大切に生きていきたいですね。

トップページに戻る

スポンサーリンク



12月31日 は”大晦日” 年神様を迎える大切な1日” に対して1件のコメントがあります。

  1. みえ より:

    大晦日って一年の最後の日でとても意味があるんですね。
    年神様がちゃんとこられるように掃除してそば食べて新しい年を迎えましょう(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です