12月29日 は”シャンソンの日” 美しい歌詞の原点


シャンソンの日は”12月29日”

1990年 12月29日 銀座のシャンソン喫茶の老舗「銀巴里」が閉店しました。

スポンサーリンク



かつてのシャンソンブームを支えてきた実績を称え、12月29日をシャンソンの日が制定されました。

12月29日

銀巴里は第二次世界大戦後のシャンソンブームを支え、数々の名曲を生み出してきた喫茶です。

多数の歌手を輩出し、銀巴里はシャンソン歌手の登竜門として知られています。

シャンソンは鑑賞料が高く、手軽に鑑賞できるものではないのですが、銀巴里では「映画料金ほどで聞いてもらいたい」との既定路線を固辞し続け、1800円で営業を続けてきました。

しかし、銀座は日本で最も地価が高く、1800円では高騰し続ける地価に対応できず、惜しまれながら閉店しました。

現在では銀座の跡地に石碑が立っています。

シャンソン歌手とは?

シャンソンとは、1960年代までに流行したフランスの大衆歌謡のことで、小唄のことを表します。

歌詞や曲に物語性があり、歌手自身がそれぞれの個性を主張して演じて歌うという特徴があります。

そのため歌手の表現力が重要で、ダイレクトに人の心を揺さぶるのが最大の魅力です。

スポンサーリンク



12月29日

美輪明宏さんは、日本で最も有名なシャンソン歌手として活動していますね。

シャンソンの魅力

12月29日

シャンソンは英語でいうと「歌」ですが、フランス語で敢えて「シャンソン」と言うことに意味があります。

日本には日本民謡があるように、国独自の文化や魅力を携えた曲であるからです。

なので狭義でいうと「ソング」ではなく「シャンソン」というジャンルに区分けされます。

シャンソンの歌詞はとても美しく、人の美しい心を余すことなく表現します。

人が普段言葉にしない美しい言葉や気持ちを繰り返し発し、人間らしい豊かな愛情をシェアすることで、人の心を揺さぶり、浄化していく力があります。

シャンソンの衰退

シャンソンは年々衰退しており、歌い手も減少しつつあります。

大御所の美輪氏が歌う「シャンソン・ド・クラシック」でさえCDショップで見つからず、大手レコード店ではポップスやロックなどの別ジャンルを幅広く取り扱っています。

国内でのシャンソンの認知度は低い上に、音楽の多様化が一因と考えられます。

また、それが原因で若手のシャンソン歌手が生まれないことが挙げられます。

今の時代にこそ、シャンソンのように美しい歌の需要が増えるといいですね。

トップページに戻る

スポンサーリンク



12月29日 は”シャンソンの日” 美しい歌詞の原点” に対して1件のコメントがあります。

  1. みえ より:

    シャンソンって素敵ですね。
    癒されます。聞き入ってしまいました(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です