12月27日 は”ピーターパンの日” 年齢は成長の証


ピーターパンの日は”12月27日”

1904年 12月27日 イギリスの作家「ジェームス・マシュー・バリー」による童話「ピーターパン」が、ロンドンで初演されました。

スポンサーリンク



12月27日

今日ではディズニーアニメや絵本で知られているピーターパンですが、最初は童話劇でした。

これを記念して、ピーターパンの日が制定されています。

ピーターパンとはどういう話?

ロンドンに住む「ウェンディ・ジョン・マイケル」の3姉弟たちと、永遠に12歳のままの少年「ピーターパン」が出会い、妖精「ティンカーベル」彼らを連れて大人にならなくてもいい島「ネバーランド」へ旅に出るというお話です。

12月27日

原作と映画ではかなり内容が違っており、特に絵本では、凄惨な描写や皮肉・差別的な発言などが省かれ、どの年代でも楽しめるマイルドな冒険譚となっています。

ピーターパンはなぜ永遠の12歳のままなのか

ピーターパンが永遠に年を取らないきっかけは迷子によるものでした。

12月27日

ピーターパンが幼少の頃、ロンドンのケンジントン公園で乳母車に乗せられて散歩をしていたところ、乳母車から落下してしまい、ベビーシッターに見つけてもらえずに失踪してしまいました。

迷子のピーターパンは、失踪中にネバーランドへ移り住む事になり、ネバーランドは年を取らない世界であった為、ピーターパンも歳をとらなくなったのです。

スポンサーリンク



余談ですが、マイケルジャクソンの邸宅はネバーランドと呼ばれていますが、別世界ではないため歳を取ります。

ピーターパン症候群(シンドローム)とは?

ピーターパンは原作で、大人にならない永遠の12歳と設定されていますが、それを皮肉として中身が子供のままの大人を「ピーターパン症候群」と呼ばれています。

12月27日

ずっと空想の世界に浸って、自らの成長を拒むことを言いますが、これはアメリカの心理学者が提唱した精神疾患の一つとして研究されています。

近年では幼児虐待のニュースが後を絶たず「子供のまま成長してしまった大人が子供を育てている」と言わざるを得ません。

自分の内面は如何なものか?と、省みる視野が誰にでも必要だと考えます。

ピーターパンの著作権

ピーターパンの原作の著作権は、1929年にグレート・オーモンド・ストリート病院へ寄付されています。

当時のイギリス著作権法では、死後50年経過した場合は、著作権は消滅するものと規定されていました。

しかし、作者のバリーが1937年に死去し、その50年後の1987年12月31日に、特例として同病院が著作権を永続的に占有できる規約が著作権法に追記されました。

ピーターパンは国の法律を変えたんですね。

12月27日

ピーターパンのように、純真で勇敢な心を持つことは大切です。

しかし人間は歳をとることで、より人間の深みが増し、知恵や経験を積むことが出来る生き物です。

変わらない人間など現実には存在せず、変化を受け入れることが成長です。

そういう意味では、ピーターパンは被害者なのかもしれませんね。

トップページに戻る

スポンサーリンク



12月27日 は”ピーターパンの日” 年齢は成長の証” に対して1件のコメントがあります。

  1. みえ より:

    ネバーランドは年を取らない世界なんですね。
    初めのうちは、楽しいかもしれないですが、私は愛してる人と一緒に年を取れるならこんなに幸せな事はないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です