12月26日 は”プロ野球誕生の日” プロ野球は既にあった


プロ野球誕生の日は”12月26日”

1934年 12月26日 アメリカのベースボールチームと対戦する為に、大日本東京野球倶楽部が創立されました。

スポンサーリンク



12月26日

なお、このチームは現在の日本のプロ野球チームである読売巨人軍の前身となっており、同日はジャイアンツの日とも呼ばれています。

「プロ野球誕生の日」より前に、プロ野球は存在している

「プロ野球誕生の日」より以前の1920年に「合資会社日本運動協会」が設立されたことが、日本プロ野球の始まりとされています。

1923年に「天勝野球団」が設立されプロ球団宣言されますが、同年に起こった関東大震災の影響で、両組合は解散します。

12月26日

その後、1934年の大日本東京野球倶楽部が設立され、今日に至ります。

なお、野球の試合が日本で初めて行われたのは、1871年の横浜で、アメリカ軍艦「コロラド号」の乗員と、横浜の外国人居留民の間で野球の試合が行われたことが最初とされています。

12月26日

球場は現在も横浜スタジアムとして残っています。

プロ野球が始まった当初は1リーグだった

現在のプロ野球は、セントラル・リーグとパシフィック・リーグの2リーグ制で行われ、両リーグのトップチーム同士が日本シリーズとして試合を行い、日本一を決定します。

もともと、プロ野球発足当時から1949年まで1リーグ制で行われていました。

スポンサーリンク



日本のプロ野球の人気が高まり、野球連盟に加入する団体が徐々に増えてきたため、本場アメリカの「アメリカンリーグ」「ナショナルリーグ」の例に習い、更なる球界発展のために2リーグ制になりました。

12月26日

しかし、2004年、球団側の経営苦難が目立つようになり、プロ野球再編問題に揺れた球界は、1リーグ制にすることを検討します。

この提案に対して、球団側の意向に沿わない選手側が野球活動をボイコットし、球界のみならず、政界すら巻き込む事態となりました。

現在は収束していますが、プロ野球の構造が変わってしまう可能性があった大きな事件でした。

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の歴史

ワールド・ベースボール・クラシックは、4年に一度行われる野球の世界選手権で、2006年から開催されています。

12月26日

WBCには20カ国が参加しますが、野球自体の関心にはバラツキがあり、実力差が明確です。

日本にとって野球はメジャースポーツで、国を挙げて力を入れているスポーツの一つです。

初開催で優勝した日本国内でのWBCの関心度は高く、平均視聴率はいずれも20%を超えています。

しかし、参加国の中にはアマチュアが参加している国も少なく無く、サッカーの「ワールドカップ」のように、世界的に普及するのはまだ先のことかと考えられます。

個人的に野球は好きなスポーツの一つなので、WBCを通じて、野球が世界で更に普及することを願っています。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です