12月24日 は”クリスマス・イヴ” なぜイヴがあるの?


クリスマス・イヴは”12月24日”

クリスマスとはイエス・キリストの降誕を祝う祭で、 12月24日 はそのクリスマス・イヴとされています。

スポンサーリンク



12月24日

イヴは「even」を省略した形で、夜・前夜を意味しますが、教会暦では日没を日付の変更として考えられているため、クリスマス・イヴである12月24日からクリスマスとされています。

そのため、12月24日(本来は日没から)がクリスマス・イヴとして存在しています。

ちなみに「イヴ」に前日というニュアンスは含まれていません。

クリスマス・イヴに重要な礼拝が行われる

キリスト教の規律に「重要な祭礼は前日の晩のお祈りから始まる」とあり、クリスマスもイヴに礼拝するのが標準となっています。

12月24日

現在では、本来25日に行う礼拝も、24日の夜に繰り上げて行うことが多いようです。

日本の文化で言い換えると、初詣を12月31日の深夜に神社に行き、0時を迎えたらお参りすることに似ていますね。

クリスマス・イヴにケーキを食べるのは?

12月24日

クリスマス・イヴにイエス・キリストの誕生を祝してケーキを食べることは、欧米キリスト教の国で古くから広く行われていました。

その慣習が現在にも残っており、クリスマス・ケーキはイエスのバースデイ・ケーキであると考えられます。(諸説あります)

スポンサーリンク



また、日本のクリスマス・ケーキの始まりは、1922年に不二家が販売したクリスマス・ケーキが最初とされています。

ちなみに、派手な装飾は日本独自のもので、欧米ではシンプルなケーキが多いようです。

クリスマス・プレゼントはなぜ靴下に入れるの?

サンタクロースのモデルとなった人物である「聖ニコラウス」の伝説が由来となっています。

聖ニコラウスにまつわる三姉妹伝説」の物語の中で、サンタクロースが金貨を寄付していたところ、投げ込んだ金貨が靴下の中に入ったことから、サンタクロースのプレゼントは靴下の中に入れられるものとなりました。

「聖ニコラウスにまつわる三姉妹伝説」に関しては、12月6日の「姉の日」をご覧ください。

サンタクロースの衣装が紅白の理由

サンタクロースの服の色は、本来は統一されておらず、白色・青色の服も存在していました。

12月24日

その後、赤と白の服を着たサンタクロースは、カトリック教会の祭服が赤色だったことと関連し、これが世界的に広まっていったとされています。

その他の説では「コカコーラ」の宣伝に、赤い服を着たサンタクロースを起用したことがきっかけになりました。

「コカコーラが身体に悪いもの」というイメージを払拭するため、子供に良いイメージのサンタクロースを宣伝に起用したマーケティング戦略でもあったんですね。

12月24日

クリスマス・イヴはクリスマスより盛り上がるとよく言われています。

その理由には、たくさんのイベントや主役が、クリスマス・イヴにあるからなんですね。

トップページに戻る

スポンサーリンク



12月24日 は”クリスマス・イヴ” なぜイヴがあるの?” に対して1件のコメントがあります。

  1. みえ より:

    ユダヤ文化は1日は日没から数えるから24の晩からになるんですね。
    そしたら、25日の夜はクリスマス✨じゃなくて普通の日に戻るって事なんだ。

    イエス・キリストの誕生日は、クリスマスの時期ではないって聞いた事があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です