12月18日 は”東京駅完成記念日” 100年の時を越えた歴史的建造物


東京駅完成記念日は”12月18日”

1914年 12月18日 東京駅が完成しました。東京駅は1908年から6年かけて建設されました。

スポンサーリンク



12月18日

当時、東北方面は上野駅が始発、東海方面は新橋駅が始発でした。

しかし、両区間が途切れていたため、更に利便性を上げるということで、その中間地点に駅を作り結合する目的として、東京駅設立の計画が立てられました。

そして東京駅完成後、東海道本線の始発駅は新橋から東京駅になりました。

創立100周年を迎えた東京駅

12月18日

日本初の鉄道は、1872年新橋~横浜間でした。

その後、1889年新橋・神戸間の東海道線が開通し、1891年に上野・青森間の東北線が開通しました。

そして、1914年に完成した東京駅は、国家の中心駅、もしくは天皇陛下の駅としての特徴があります。

駅内に皇室専用口が設置されていたり、東京駅が皇居正面に位置していたりなど、当時の天皇の政治的権力の強さが伺えます。

1945年の東京大空襲の影響で、東京駅は戦火に包まれ被害を受けました。

第二次世界大戦後に補修工事が行われましたが、半世紀以上完了せず、2012年に丸の内駅舎はようやく補修工事が完了しました。

そして100年の時を越え、2014年に1914年開業当時の東京駅が再現されたのです。

東京駅の特徴

12月18日

東京駅は昔ながらの赤レンガ作りの三階建てで、正面から見ると線対称な形をしています。

空襲で一度は燃えてしまいましたが、当時のあらゆる最新技術を用いて、1923年の関東大震災を耐え抜いた実績があります。

駅の高さは最頂部で約35mあるので、当時から職人技術が優れていたことが伺えますね。

スポンサーリンク



また、駅構内はとても広く、床の延面積だと東京ドーム約3個半あるそうです。

それもそのはずで、東京駅はプラットホーム数が日本で一番多く、新幹線で地上5面10線、在来線で9面18線、地下鉄が1面2線あります。

あまりの広さに乗り換えも一苦労ですね。

東京駅「ゼロキロポスト」

12月18日

東京駅に到着する電車を「上り」東京駅から出発する電車を「下り」と呼ばれています。

東京駅は起点とされていたので東京駅を原点とする「ゼロキロポスト」というものが、各ホームに設置されています。

しかし、ポストと言っても各所で様々な形をしているので、見つけるのが少々難しくなっています。

12月18日

埋め込まれているのもあり、探してみるのも楽しいかもしれませんね。

東京駅にある謎の印

東京駅のタイルにこのような印を見たことはありますか?

12月18日 12月18日

 

実は、左が1921年11月に原敬首相が殺害された現場を示す印で、右は1930年11月に浜口雄幸首相が襲撃された場所を示しています。

東京駅構内で要人を二人も殺害されてしまった、当時の護衛に対しての戒めの意味もあるのでしょうか。

12月18日

100年の歳月を経てレトロな外観を残しつつ、現代に生きる東京駅。

まるでタイムスリップした時の番人のようで、日本の行く末を見守っているのかもしれません。

古き良きものは、いつの時代になっても素晴らしいものなんですね。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です