12月16日 は”電話創業の日” 電話は高級品だった


電話創業の日は”12月16日”

1890年 12月16日 日本初の電話事業が、東京から横浜市内で開始されました。

スポンサーリンク



12月16日

電話加入者は東京に155名、横浜に42名おり、9名ほどの電話交換手にて対応されていました。

交換手と言われてもあまりピンときませんが、当時電話をするには、電話交換局を経由して、交換手によって回線を繋いでもらうというシステムでした。

電話をして交換手に相手の電話番号を伝え、そこから人手によって接続してもらい、相手の電話を待つ、というアナログな構造です。

現代で言えば、取引先に電話をして、保留中に取り次いでもらう感覚に近いのかもしれませんね。

今では、電話番号を押すだけで自動的に相手の電話機へ接続されますが、この方式を自動交換方式(ダイアル式)といい、これが始まったのは1926年と、もう少し後のことです。

電話も最初はアナログ

交換手を呼び出す方法には、磁石式と共電式があります。

磁石式電話 共電式電話
12月16日 12月16日

 

左の写真が磁石式電話で、発信時に電話機の横についているクランクハンドルを回して電気を起こし、いわば自家発電のようなもので交換手に連絡するという方法で、1890年代はこちらが主流でした。

右の写真の共電式電話は、通話や呼び出しの電源が電話局内から直接送られ、受話器を取ることで自動的に交換機のランプを点灯させて電話交換手を呼び出すという、少し進んだ仕組みです。こちらは日本では1903年から始まりました。

ちなみに「となりのトトロ」でサツキがお父さんに電話するときに使われている電話機は、磁石式のようです。

トトロの時代背景は1950年代(昭和初期)なので、当時としてもかなり古い電話を使っていた設定になりますね。

電話の発明者はエジソン…ではなく、ベル

電話を発明したのは、アレクサンダー・グラハム・ベルです。

12月16日

1876年2月14日、ベルは完成した電話機の特許を出願しました。

そしてその後、電話機の特許を出願したのが「イライジャ・グレイ」という方でした。その差はたった2時間です。

もちろん、先に受理されているのはベルの方だったので、悔やむに悔やみきれなかったでしょう。

たった2時間違いで億万長者を逃してしまったんですね。

しかし、それよりも早く電話機を完成していたのが、かの有名な「トーマス・エジソン」でした。

スポンサーリンク



12月16日

実は、エジソンはベルより1ヶ月も早く電話機を完成し、特許の出願をしていたのですが、書類の不備で不受理となっていたのです。

運命とはわからないものですね。

電話開設当初の国内の電話料金

12月16日

1877年にベルを日本に迎え、工部省と宮内省を結ぶ通話実験が行われました。

その後、1889年1月には「5分=15銭」という通話料金で利用できるようになりました。

明治時代初期の消費者物価指数の記録が残っていなかったので、あくまで参考程度ですが、15銭は今でいう約500円ほどです(出典:日本銀行明治〜平成値段史

当時の貨幣価値はかなり曖昧で明確な基準がありませんが、国家公務員の初任給が50円(約190,000円)だったので、電話が当時とても高級品だったことが伺えます。

「もしもし」ってなに?

日本人にとって通話の始まりの「もしもし」は定番ですが、これを発案したのは加藤木 重教氏と言われています。

加藤氏は工部省の技師で、電話導入時アメリカに視察に行き「Hello」に変わる日本語を考えた時、浄瑠璃などで、相手を呼ぶ「もうし、もうし」から引用したそうです。

電話の改革の歴史

電話は当時とても高価なもので、当初は大企業でしか使われていませんでした。

電話は庶民にほとんど認知されていませんでしたが、徐々にその便利さに気付き始め、加入者が急増していきました。

1900年初期にかけて、新橋駅・上野駅・飯田橋・四谷・王子・大森・本所・新橋・品川の9箇所に電話ボックスが登場し、公衆電話がようやく普及していきます。

12月16日

1904年には交換手がすべて女性で採用され、女性職ではキャビンアテンダントのような花形でした。

しかし、1923年の関東大震災の復旧をきっかけに、1926年には前述した自動交換方式(ダイアル式)が採用され始め、交換手は少しずつ減少していきます。

ちなみに市外電話にまで採用されるようになったのは第二次世界大戦以降となっています。

12月16日

今日使われているスマホを始めとした携帯電話には、固定電話からの様々な進化があったんですね。

ベルがもし生きていたら、ここまで小型化した電話を見て、どれほど驚くことでしょうね。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です