12月15日 は”観光バス記念日” バス普及のきっかけは?


観光バス記念日は”12月15日”

1925年 12月15日 東京乗合自動車によって、日本初の観光バス「ユーランバス」の運行、営業が開始されました。

スポンサーリンク



12月15日

現在では、観光バスと言えば「はとバス」がメジャーですが、ユーランバスは「はとバス」の前身で、観光バスとして人々に親しまれました。

走行区間は上野から皇居までの短い区間でしたが、当時は娯楽が少なかったため大いに賑わいました。

しかし、第二次世界大戦の影響により1940年9月18日に、惜しまれながら運行を終了しました。

バスが普及する経緯

12月15日

1903年に始まったバス事業は、車両のコストや採算性、また既存の運送事業(馬車、人力車等)との軋轢によりなかなか普及せず、本格的な営業ができませんでした。

それでも第一次世界対戦の好景気で、小規模ながらバス事業を展開し、また、この頃に自動車が徐々に大衆化し始めます。

もっぱら庶民の交通手段は馬車や人力車または鉄道で、その後、路面電車へと移り変わっていきました。

スポンサーリンク



しかし、1923年9月1日の関東大震災により、鉄道や路面電車の路線トラブルが相次ぎます。

線路の脆弱性が震災によって露わになり、バスの利便性が改めて見直されました。

路面電車の代替手段として、約800台のバスを追加されるなどの措置が功を奏し、やがてバスが普及していきました。

近年では東日本大地震での応急措置として、バスのあり方が見直されています。

バスの多様性

12月15日

現在運行しているバスは多様化し、バリアフリーやハイブリッドなど時代に即した成長を遂げています。

よく見かけるノンステップバスやリフト付きバスなど、高年齢層に優しく、乗りやすい仕組みになっています。

今後高齢化社会が見込まれる日本で、都心においても地方においても、バスの需要が途切れることは無いでしょう。

近年、高齢者による痛ましい自動車運転事故が増加していますが、バスを利用することで事故増加の歯止めになると考えます。

バスの設備や構造の向上だけでなく、本数の増加や進路の多様化が進み、利便性が更に高まるといいですね。

トップページに戻る

スポンサーリンク



12月15日 は”観光バス記念日” バス普及のきっかけは?” に対して1件のコメントがあります。

  1. みえ より:

    バスなんて最近乗ってないので、乗ってみたくなりました。
    高齢者で車の運転出来ない方には本当に大助かりですね。(⌒‐⌒)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です