12月14日 は”忠臣蔵の日” 真実とは何か?

12月

忠臣蔵の日は”12月14日”

1702年 12月14日 47人の赤穂浪士が吉良邸にて、主君の仇討ちのため吉良上野介義央討ち取りました。

スポンサーリンク



12月14日

事の発端は1701年3月に江戸城松之廊下で、播磨赤穂藩主の浅野長矩が、幕府の礼式を司る高家旗本の吉良上野介義央に切りかかるという事件が起きました。いわゆる「松の廊下事件」と呼ばれています。

浅野には厳罰として領地没収と切腹の命が下されましたが、浅野の家臣たちは吉良に私怨を抱きます。

家臣たちは主君の仇を討つ為に計画を練り、1702年12月14日大石内蔵助が率いる47人が、本所の堀部安兵衛宅に集合し、そこから吉良邸へ侵入しました。

その結果、奇襲に成功した家臣側は一人の死者も出さないで吉良を打ち取ることができました。この事件を「赤穂事件」と呼ばれています。

吉良は何をそんなに恨まれていたのか

この文章だけ見ると、松の廊下事件では浅野長矩が吉良を憎んでいたから、一方的に刃傷沙汰に及んだように感じますが、そうなると吉良が何をそんなに恨まれていたのか疑問が浮かびます。

きっと殺されるだけの理由があったに違いないと考えられますが、これには明確な理由がなく諸説が多数あります。

例えば「意地悪をしていた」「賄賂を拒否した」「単純に気に入らなかった」などですが、大河ドラマで演じられる忠臣蔵では基本的に吉良は悪役として描かれています。

吉良が殺されてしまう明確な理由がない以上、幕府が浅野長矩に切腹を命じたのは筋が通っていますね。

そして家臣から仇討ちにあってしまう吉良はなんとも報われないように感じてしまいます。

スポンサーリンク



吉良上野介義央とはどんな人物だったのか

12月14日

浅野長矩が家臣から慕われていたのは、仇討ちから想像に難くないのですが、気になるのは吉良の人物像です。

大河ドラマや歌舞伎などで悪役として演じられる吉良ですが、人物像についての記述は少ないです。

そもそも、実際に現場で犯行に及んだ家臣達に、なぜ吉良を打ち取ったか質問された際も明確な理由がなく、殺されるに値する人物だったのかどうかも疑問です。

そもそも忠臣蔵の意味とは?

12月14日

「松の廊下事件」から「赤穂事件」の一連の流れを「忠臣蔵」として、歌舞伎や人形浄瑠璃にて演じられることとなりました。

そこで疑問になるのが「忠臣蔵」の由来です。

当時、幕府は武家社会の事件を歌舞伎などで演じることを禁止していました。それは模倣犯罪やクーデターの恐れがあるためです。

そのため、登場人物や舞台を変え、元の事件に脚色して演じることとなりました。

この事件はそもそも旗本である吉良を打ち取ってしまうという大事件ですが、こんな事件が明るみに出てクーデターの助長とされたら幕府としては危機感を持ちます。

そこで、民衆側が「殿の目的を家臣が果たすという名目(忠臣)」で「大石内蔵助(蔵)が活躍した」から「忠臣蔵」として方針を変えて演じることにしたのではないかと考えられます。(諸説あります)

「松の廊下事件」や「赤穂事件」ではやはり美談にはならないためですね。

歴史という真実は、時間の経過によって真実を虚実にねじ曲げられてしまうことがあるのかもしれませんね。

トップページに戻る

スポンサーリンク



コメント

  1. みえ より:

    吉良上野介は悪人ではないと私は思います。
    農耕馬に跨がり領内を見回りながら領民と合流を図ったり
    「黄金提」という堤防を作った功績ありますよ。

タイトルとURLをコピーしました