12月11日 は”ユニセフ創立記念日” 貧困で苦しむ子供達を助けよう。


ユニセフ創立記念日は”12月11日”

1946年 12月11日 国連児童基金の前身・国際国連児童緊急基金(略称:UNICEF)が創立されました。

スポンサーリンク



12月11日

1953年に改組、国連児童基金になりましたが、UNICEF(ユニセフ)という略称は既に一般に普及していたため、そのまま使われることになりました。

日本は、1949年〜1964年にかけて、主に脱脂粉乳などの子供向け乳製品や医薬品などの援助を受けました。

今では考えられませんが、1900年代中期の日本は敗戦で貧しく、主要な被援助国の一つでした。

その後、UNISEFは1965年にノーベル平和賞を受賞しました。

ユニセフの意味と主な活動

12月11日

ユニセフは世界中の子どもたちのために活動する、国際連合機関の一つです。

前述したように、1900年代中期の日本は先の大戦で敗戦し、とても貧しい国でした。

その戦争で家族や家を失った子供たちを助けるために立ち上げられたのが、ユニセフです。

ユニセフには意味があり「United Nations International Children’s Emergency Fund」(国際連合児童緊急基金)の頭文字です。

子供は、戦勝国も何も関係なく救おうという慈愛に溢れた団体です。

ユニセフの本部はアメリカにあり、現在150カ国以上で活動しています。

ちなみに、ユニセフと「日本ユニセフ」は全く別の団体で、日本ユニセフは国連機関ではありません。

黒柳徹子氏の功績

12月11日

黒柳徹子さんを知らない方は少ないと思いますが、黒柳氏がユニセフ親善大使であることを知っている方は少なくありません。

1984年から現在に至るまで、自身の司会業など過密なスケジュールをこなしているにも関わらず、精力的にユニセフの活動を行っています。

黒柳氏は、アジアの貧困国やアフリカ大陸のウガンダなどの危険な紛争地域ですら積極的に訪問し、子供たちと触れ合っています。

そして2003年ユニセフ親善大使としての功績を称え、日本政府より瑞宝中綬章を授与、2015年には文化功労者に選ばれました。

スポンサーリンク



数々の功績から黒柳氏が歴史の教科書に載る日も、そう遠くはないかもしれませんね。

その1円が人命を救う。寄付金でできること

日本に住んでいると物価が高いので、1円で出来ることはないから粗末に扱ってしまいます。

しかし貧困国では、その1円で救われる子供がいるというのが現実です。

寄付金 購入できるもの 数量 使用方法
1円 ビタミンAカプセル 1錠 ビタミンA欠乏症やはしかによる合併症を予防・治療する
283円 虫下し飲み薬 200錠 貧血や栄養不良の原因となる寄生虫を効果的に駆除する
427円 1錠で4~5リットルの水を浄化できる浄水剤 1,000錠 子どもたちが安全に水を飲んだり、生活用排水として利用できる
684円 蚊帳 3張 マラリアの感染媒体となる蚊から身を守る
981円 HIV/エイズ簡易診断キット 10回分 早期発見が適切な治療につながり、母子感染を防ぐ
1,545円 抗マラリア薬 180錠 マラリア感染の治療
2,521円 応急処置キット 1キット けがや病気などの応急処置として使用。包帯、テープ、手袋、はさみ、毛布、眼軟膏剤、消毒剤などが入っている
6,682円 経口補水塩 1,000袋 下痢による脱水症から子どもの命を守る安全な水と混ぜて使用
177,796円 助産セット 1セット 50件の通常分娩に対応できる基本的な医薬品、消毒・殺菌機器、蘇生装置などが含まれる

(出典:ユニセフ

とても意味がある寄付金の使用用途だと考えられます。

12月11日、なぜユニセフが創立されたかを改めて考え、世界中の子供が救われることを祈っています。

トップページに戻る

スポンサーリンク



12月11日 は”ユニセフ創立記念日” 貧困で苦しむ子供達を助けよう。” に対して1件のコメントがあります。

  1. みえ より:

    一円で人を救う。家族、家を失った子供達にとっては一円の寄付がとても意味があるものなのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です